ホーム > 健康・福祉・子育て > 医療 > 医療情報 > 山形大学認知症講座について

山形大学認知症講座について

 超高齢社会となった日本では、高齢者の7人に1人とされる認知症が社会的に大きな問題となっています。
 県と山形大学では、昨年度に引続き、県内の医療従事者が認知症について系統的に学ぶための標記講座を共催により開催します。
 山形大学医学部附属病院で認知症総合外来を行っている精神科・高次脳機能科を中心に、脳神経外科、医療政策学講座、看護部、県内介護施設などに所属する多彩な講師陣が講義を行う予定です。
 この機会に認知症に関する総合力を高め、日々の医療・介護に役立てていただけることを期待します。

講座の概要

  • 認知症について系統的な知識を身につけることを目的とした年間11回の講座です。
  • 基本的事項に関する講座は、昨年度と同じ内容になります。
  • 各講座には獲得目標があり、1回完結型となっているため、興味のある講座を選んで受講することもできます。

対象者

  • 県内の医療従事者(医師、コメディカル) ※診療科は問わない

定員

  • 各回400名

会場

  • 山形大学医学部大講義室(山形市飯田西2-2-2)

受講料

  • 無料

開催日時等

  • 開催日時及びカリキュラム等の詳細は、下記の募集要項をご覧ください。

募集要項及び受講申込

  • 下記「募集要項」を確認のうえ、申込書によりファックスでお申込みください。
  • 初回申込期限 : 平成29年5月18日(木) ※なお、期限後も随時、申込みを受け付けます。

※募集要項(PDF 648.3kB)

※申込書(PDF 143.4kB) (Word(zip形式)18.2kB)

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ