ホーム > 健康・福祉・子育て > 医療 > 看護職員の確保 > 山形県看護職員修学資金貸与事業について

山形県看護職員修学資金貸与事業について

制度の目的

 本事業は、将来山形県内において看護職員(保健師・助産師・看護師・准看護師)として業務に従事しようとする看護学生に対し、修学に必要な資金を貸与することにより、その修学を容易にし、県内における看護職員の確保及び資質の向上に資することを目的として実施します。

貸与の対象者

 貸与を希望される方は、下記のすべてを満たしていることが必要です。

  ①現に県内又は県外の看護職員養成施設に在学していること。

  ②卒業後、ただちに県内において看護職員の業務に従事する意思を有していること。

  ③学業の成績が優秀であること。

貸与期間

  貸与決定を受けた年度の4月分から、貸与を受ける方の在学する看護職員養成施設の正規の最短修業年限の終期までとします。

返還の免除要件

 卒業後、看護職員の免許を取得し、ただちに山形県内の医療機関等に就職し、5年から7年間継続して看護職員又は看護教員の業務に従事した場合、貸与した修学資金の返還を免除します。

 返還が免除となるための従事期間は、勤務する施設の類型より異なります。

平成29年度看護職員修学資金修学生募集の概要

貸与の額等

 月額5万円とし、無利子とします。

募集人数

 80名

募集期間

 平成29年4月3日(月)から平成29年5月12日(金)(必着)

 募集要項により申請書類を作成頂き、下記提出先まで郵送により提出してください。

 ○ 「平成29年度山形県看護職員修学資金修学生募集要項」(PDF 168KB

 ※実際の申請書様式は、下記の「山形県看護職員修学資金貸与条例施行規則」をお使い下さい。

  PDF出力したものに手書き記載頂いても、ワードファイルに必要事項を入力頂いても、どちらでも構いません。

制度に係る例規及び参考情報

 貸与に係る諸条件など大切な情報が含まれますので、申請される方は事前に必ず内容を確認してください。

 ○「山形県看護職員修学資金貸与条例」(PDF 85KB

 ○「山形県看護職員修学資金貸与条例施行規則」本文+様式(PDF 192KB) 

                                様式のみワードファイル(ZIP 57KB

 ○「制度に係るQ&A」(PDF 81KB

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ