ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康 > 歯の健康 > 歯と口の健康週間

歯と口の健康週間

6月4日~6月10日は、「歯と口の健康週間」です

厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会が1958年(昭和33年)から毎年実施している週間です。

 

1928年(昭和3年)から1938年(昭和13年)までは、日本歯科医師会が「6(む)4(し)」にちなんで6月4日に「虫歯予防デー」を実施していました。 

その後、戦争により中断した時期がありましたが、1949年(昭和24年)、これを復活させる形で「口腔衛生週間」が制定されました。1958年(昭和33年)から2012年(平成24年)までは「歯の衛生週間」、2013年(平成25年)からは「歯と口の健康週間」と名称を変更し現在に至ります。

 

平成29年度歯と口の健康週間ポスター.jpg
 

歯と口の健康に関する正しい知識を国民に対して普及啓発するとともに、歯科疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図り、併せてその早期発見及び早期治療を徹底することにより歯の寿命を延ばし、国民の健康の保持増進に寄与することを目的としています。

 

健康寿命を延ばすには歯と口の健康が不可欠です。高齢になっても自分の歯で口から食事ができるよう、幼少期からかかりつけ歯科医をもち、定期的に歯科健診を受けましょう。

平成29年度 歯と口の健康週間

・実施期間:平成29年6月4日(日)~6月10日(土)

 

・本年度の標語:「おいしい」と 「元気」を支える 丈夫な歯

 

・本年度の重点目標:生きる力を支える歯科口腔保健の推進 ~生涯を通じた8020運動の新たな展開~

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ