ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康 > 感染症対策・難病支援 > 梅毒検査を実施します

梅毒検査を実施します

 

山形県では、平成29年4月から、県内の全保健所において梅毒検査を実施します。

全国的に、梅毒の報告数が増加しています

 
 2010年以降、梅毒感染者の届出数が多い状態が継続しています。
 山形県における平成28年の患者報告数は19人と、平成27年の11人の約1.7倍もの報告がありました。
 
 (参考)山形県及び全国の梅毒感染者届出数の推移
 H24H25H26H27H28
山形県1119
全国  8751,2281,6612,6904,518

 

梅毒とは

 

〇梅毒は、梅毒トレポネーマという病原体に感染することで起こる感染症です。

〇主な感染経路は感染部位と粘膜や皮膚の直接の接触です。

〇感染したあと、経過した期間によって、症状の出現する場所や内容が異なりますが、早期発見、早期治療により完治することができます。

 

梅毒の検査を受けるには

 

〇山形県内の全保健所において、以下の日程で梅毒検査を実施します。

〇検査・相談は「無料・匿名」で受けることができます。

〇同時に、HIV迅速検査、性器クラミジア検査、B型・C型肝炎検査も実施しています。

 

 検査日電話番号
村山保健所 ※要予約毎週火曜日 13:00~14:30 023-627-1117
最上保健所毎週火曜日  9:00~11:000233-29-1268
置賜保健所 ※予約優先毎週月曜日 10:00~11:000238-22-3002
庄内保健所 ※要予約毎週火曜日  9:20~12:000235-66-4920

 

 ■感染初期は結果が現れにくい期間があります。このため、感染の可能性がある行動から十分な期間(約6週間以上)経過してから検査を受けることをお勧めします。

 

(チラシ)平成29年4月から梅毒検査を実施します(PDF 93KB)

 

外部リンク

厚生労働省 梅毒に関するQ&A 

国立感染症研究所 梅毒とは

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ