ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康 > 感染症対策・難病支援 > 風疹に注意!

風疹に注意!

 現在、関東地方を中心に風疹が流行しており、全国的にも感染拡大傾向が見られます。

 妊娠20週頃までの妊婦が風疹に感染すると、赤ちゃんに白内障、難聴、心疾患などの障がいが生じる可能性があり、妊娠中の方やその周囲にいる方は、特に注意が必要です。

  

  首都圏における風疹急増に関する緊急情報(国立感染症研究所)

  

風疹とは?

  • 風疹ウイルスによって引き起こされる発疹性の感染症です。
  • 患者の飛まつ(唾液のしぶきなど)により感染します。
  • 主な症状は発疹、発熱、リンパ節の腫れなどです。
  • 潜伏期間は長く、感染してから2~3週間です。
  • 発疹出現の1週間前後は他の人に感染させる可能性があります。
  • 妊娠初期(20週頃まで)の妊婦が感染した場合は、赤ちゃんに難聴や白内障、心疾患などの障がいが出現する可能性があります。

 

県民の皆様へ

下記のことにご配慮くださるようお願いします。

 

  • 外出後の手洗い、うがいなどを心がけましょう。
  • 急に全身に出る発疹、発熱などの症状が現れたら、事前に医療機関に連絡し、指示に従って早めに医療機関を受診しましょう。
  • 医療機関受診の際には、マスクを着用する、咳エチケットを守るなど、感染を広げないように注意するとともに、公共交通機関の利用、妊婦との接触は避けましょう。
  • 風疹の定期予防接種対象者の保護者の方は、必ずお子様に予防接種を受けさせましょう(自己負担はありません)。

   【定期接種対象者】

    第1期:1歳以上2歳未満

    第2期:小学校就学前の1年間

  • 妊婦への感染防止のため、下記に該当する方で、風疹の抗体価が十分であると確認されていない方は、ぜひ予防接種をご検討ください。

   ①妊婦の周りにいる方々(夫、子どもや同居家族)

   ②10代後半から40代の女性(妊娠を希望する方)及びその同居家族(特に30代から50代の男性)

   ③出産直後の女性

 

 ※接種費用については自己負担になります。 

 妊娠中の女性、妊娠している可能性のある女性は予防接種を受けることはできませんのでご了承ください。

 

風疹の抗体価検査・予防接種について 

 風疹の抗体価検査・予防接種にかかる費用の助成を市町村で行っています(一部市町村を除く)。

 詳しくは、お住まいの市町村の予防接種担当課にお問い合わせください。 

 

予防接種可能医療機関の検索方法

 山形県医療機関情報ネットワークのページから風疹の予防接種が可能な医療機関の検索ができます。

 最新の情報に更新されていない場合もありますので、医療機関を受診する際は、事前に電話で接種ができるかをお問合せください。

検索方法

  1. 山形県医療機関情報ネットワークのトップページにある〈医療機関を検索〉をクリックします。
  2. 〈予防接種、検査、健診〉をクリックします。
  3. 〈予防接種〉で風疹を選択し、〈この条件で検索・表示〉をクリックすると、風疹の予防接種が可能な医療機関の一覧が表示されます。 

各種外部サイトへのリンク

厚生労働省ホームページ

国立感染症研究所ホームページ

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ