ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康 > 感染症対策・難病支援 > 蚊媒介感染症について

蚊媒介感染症について

蚊媒介感染症とは

  蚊が媒介する感染症には、デング熱、ジカウイルス感染症、日本脳炎、チクングニア熱などがあります。

原因となるウイルスは、感染した人の血を吸った蚊の体内で増え、その蚊がまた他の人の血を吸うときにウイルスをうつし、感染を広げていきます。

これから蚊が発生する時期になります。蚊の発生を減らし、感染のリスクを減らしましょう。

 また、これらの感染症は、多くが海外で発生しています。海外に渡航される際は、流行状況を把握し、感染防止を心がけてください。

 → 厚生労働省「蚊媒介感染症」 

蚊の発生を減らしましょう

 蚊の活動時期(5月中旬から10月下旬)には、幼虫が発生しやすい水たまりができないよう、放置された空き缶、古タイヤ、バケツの撤去や植木鉢の受け皿の水の除去など、蚊の発生する環境をなくすようにしましょう。 

流行地に渡航される方へ

  流行地域では、長袖長ズボンの着用や、蚊の忌避剤を使用し、蚊に刺されないように注意しましょう。
  忌避剤については、用法・用量や使用上の注意を守って使用していただき、汗や雨、蒸発などにより持続性が低下するので、定期的(2~3時間おき)に再塗布しましょう。 

※ 流行地域は、外務省の海外安全ホームページ「感染症危険情報」や厚生労働省のホームページ「ジカウイルス感染症の流行地域」をご参照ください。

→ 外務省「感染症危険情報」

→ 厚生労働省「ジカウイルス感染症の流行地域」 

流行地域から帰国された方へ

  • 症状の有無にかかわらず、国内の蚊の活動期においては、帰国日から2週間程度は、蚊に刺されないよう十分に注意して下さい。
  • 流行地域から帰国した男女は、症状の有無にかかわらず、少なくとも6か月(パートナーが妊婦の場合は妊娠期間中)、性行為の際に、コンドームを使用するか性行為を控えることが推奨されています。
  • 流行地域から帰国した女性は、帰国後少なくとも6か月は妊娠を控えることが推奨されています。
  • 心配なことがある場合は、帰国の際は検疫所に、帰国後は最寄りの保健所でご相談ください。 

妊婦及び妊娠の可能性がある方へ

  妊娠中にジカウイルス感染症に感染することにより小頭症などの先天性障害を起こす可能性があるとされています。このため、妊婦及び妊娠の可能性がある方の流行地への渡航は、控えた方が良いとされています。やむを得ず渡航する場合は、主治医と相談の上、厳密な蚊防止対策を講じることが必要です。  

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2017-06-06

関連情報