ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康 > 感染症対策・難病支援 > つつが虫病について

つつが虫病について

毎年春と秋に発生がみられるつつが虫病に御注意ください。

 

つつが虫病とは

・ツツガムシ(ダニの一種)の幼虫に刺されて感染し、潜伏期間は5~14日
・38~40℃の高熱、全身倦怠感、寒気、頭痛などの風邪様症状が伴う。発熱後2~5日後にほぼ全身にわたって赤い発疹が現れ、刺された部位(刺し口)の近くのリンパ節が腫れる。
・季節的には春から初夏にかけて最も多く発生するが、秋にも発生がみられる。
 

県民のみなさまへ

山や田畑で作業をする際には、下記のことに御注意願います。
(1)ダニは田畑、山林、やぶ、河川敷などに生息しています。農作業、山菜採り、レジャーなどで、このような場所に立ち入る時には次のようなことに御注意ください。
  ①長袖、長ズボン、長靴、手袋等を着用し、素肌を出来るだけ露出しない。
  ②休息する時には、なるべく草むらに直接座らない。
  ③ダニ忌避剤、防虫剤を衣服に散布する。
  ④帰宅したら早めに風呂に入ってダニを洗い流す。また、衣服の洗濯を行う。
(2)治療が遅れると重篤になる場合があります。ツツガムシの生息していそうな場所に立ち入ってから5~14日後に上記の症状が出た場合は、早期に医療機関を受診し、それらの場所に立ち入ったことを医師に話すことが大切です。
 

リンク

 
 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ