ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康 > 感染症対策・難病支援 > B型肝炎、C型肝炎相談・検査のお知らせ (最上保健所)

B型肝炎、C型肝炎相談・検査のお知らせ (最上保健所)

B型肝炎・C型肝炎について

ウイルス性肝炎は、肝炎ウイルスの感染により肝臓の細胞が壊れていく病気です。

ウイルス性肝炎には、A型からE型の5種類がありますが、中でもB型肝炎・C型肝炎の感染者数は合わせて300万人以上と推定され、国内最大級の感染症と言われています。

 

感染後は、倦怠感、食欲不振、吐き気、黄疸などの症状が出ることがあります。

 しかし、肝臓は症状が表れにくい臓器のため、自覚症状がほとんどないまま慢性肝炎や肝硬変、肝臓がんに進行することもあります。検査での早期発見が重要です。一生に一度はB型肝炎、C型肝炎の検査を受けましょう!

 

感染経路は、主に以下の3つです。

1. 血液感染(薬物等の注射器の使い回し、入れ墨を彫る、十分消毒されていない器具でのピアスの穴あけなど)

2. 母子感染(特にB型肝炎ウイルス、1986年以降は対策により安全)

3. 性行為による感染(特にB型肝炎ウイルス)

 

 以下に当てはまる方は、感染の可能性が高いと考えられます。

・ 40歳以上で、今までに一度も肝炎ウイルス検査を受けたことがない(子どもの頃に注射器の連続使用などが行われていた年代にあたるため)

・ 健康診断などで肝機能の異常を指摘されたことがある

・ 平成4(1992)年以前に輸血を受けた

・ 平成6(1994)年以前にフィブリノゲン製剤(人の血液の成分を原料とした医薬品の一種)を投与された

・ 臓器移植を受けたことがある

・ 血液透析を長期間受けている

・ 薬物等の注射の回し打ちをしたことがある

・ 入れ墨やピアスをしたことがある

・ 新たに性的関係を持つ人が出来た

 

定期の相談・検査について

【日時】 毎週火曜日 9:00~11:00 (祝祭日除く)

【場所】 最上保健所(山形県最上総合支庁 庁舎内)

       新庄市金沢字大道上2034

       ※国道13号線沿いヤマザワ新庄店の西向かい

【内容】 ① 匿名・無料での保健師による相談、血液検査(検査所要時間:約15分)

        検査は、血液を約5cc採取し、結果は1週間後に来初いただいた上で本人にのみお伝えします。

       ② なお、B型肝炎、C型肝炎のほか、HIV、性器クラミジアの検査も行っています。

    

      ※ 検査は予約なしでも受付けておりますが、事前にお問い合わせいただくと、待ち時間が少なくなります。

 ご予約・問い合わせ先

最上保健所 地域保健福祉課 感染症予防・健康増進担当

電話:0233-29-1268(平日8時30分から17時15分)

 

もがみるくん(ハート)

 

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ