ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康 > 健康づくり > 入浴事故予防ポスター やや祭り編

入浴事故予防ポスター やや祭り編

守るしきたり受け継ぐ伝統 ~みそぎは冷や水おふろは41度以下

千河原集落に古くから伝わる「やや祭り」は、東北の奇祭として知られています。

 

寒風吹きすさむ中、ワラで作った腰みのをつけただけの少年たちが、次々と冷水を浴び、安産と健康を祈願します。

元々、やや祭りは千河原の八幡神社の年越祭りで、従来は1月16日に行われていましたが、子どもたちが参加しやすいようにと、近年では1月15日の成人の日に行われていました。

現在では、成人の日が変更になったために1月15日に一番近い日曜日に行われています。

 

ポスターには伝統を受け継ぎ、地域で守り伝えているやや祭りのように、入浴事故をなくす工夫を、地域や未来の世代へ伝えてほしいという思いを託しています。

 

 ポスターややまつり編

 

ポスターのダウンロードはこちら(A4版 PDF1.66MB)

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2014-12-01掲載

関連情報