ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康 > 健康づくり > 市町村オリジナル健康づくり事業について

市町村オリジナル健康づくり事業について

市町村オリジナル健康づくり事業とは?

県民の健康寿命を延伸するため、市町村が温泉や食等の独自の地域資源を活かして住民向けに実施する健康づくり事業に対して助成を行うものです。

 

市町村の取組事例

平成27年度実施

市町村事業名

 事業内容

村山市

オリジナル健康づくり事業

一無・二少・三多運動教室

(通称:いちむ教室)

クアハウス碁点及び袖崎地域の湯舟沢温泉を拠点とし、運動や健康食、講話等の健康づくりを実施。

東根市

悠遊健歩事業

温泉町周辺の史跡を入れたマップを配布し、ウォーキングを行うとともに、ウォーキング前後に血圧測定、骨密度測定などの健康チェックを実施。

またウォーキング参加者へは理学療法士による健康講話も実施。

尾花沢市

地域資源を活用した健康づくり事業

①温泉を活用した健康づくり

 高齢者を対象とし、温泉を会場にサロン的要素を含んだ健康講座を開催。

②健康ウォーキング

 40歳~64歳を対象とし、徳良湖等の名所でウォーキングや健康講話を実施。

③花笠ダンベル体操の普及

 ご当地体操としての普及を加速し、各健康教室にて指導。

金山町

温泉を活用した健康づくり事業

温泉施設の大広間を活用した定期的な集いを開催し、生活習慣病の予防・心の健康づくり・介護予防等について参加者のニーズに合わせ、

保健師等が出前講座を実施。

高畠町

たかはた健康ウォーク普及事業

①ウォーキングイベント

 3つのウォーキングコースを設定し、ウォーキング中に地域資源のガイドなども行い、参加者が町の独特の景観を感じ、歴史・文化に触れ、

 楽しみながら行うウォーキングの普及を実施。

②健康ウォーキングの普及

 健康運動サポーター等が講師になり、地区毎に観光名所や史跡等をコースに入れたウォーキングマップの活用を促進。

小国町

おぐに健康教室

糖尿病予防を目的とし、温泉施設や森林セラピー基地で健康講話や運動指導を行う健康教室を開催。

 

 

平成28年度実施予定

市町村

事業名

事業内容
 村山市

オリジナル健康づくり事業 (通称:さんた教室)

地域の歴史ある山道などを歩き、地元の地域資源について理解を深めながら、健康づくりに取り組む。

また、市内の温泉施設を拠点として、健康食の試食などを行う。

 尾花沢市

地域資源を活用したオリジナル健康づくり事業

①廃校を活用した健康増進施設での健康運動教室の開催

②ブナ原生林や奥の細道を歩く、リフレッシュ健康教室

③温泉を活用したアロマで運動教室

④地域食材を活用した減塩料理教室

金山町

温泉を活用した健康づくり事業

温泉施設を活用し、生活習慣病予防やロコモティブシンドローム予防、低栄養予防、地元の食材を活用した減塩料理教室などを開催。

鶴岡市

健康づくり推進事業

総合運動施設を活用した健康運動セミナーの開催

庄内町町湯で健康づくり  温泉施設で健康づくり運動を実施

 

 

 

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ