ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康 > 健康づくり > 健康経営の取組み

健康経営の取組み

健康経営の取組み

 健康経営とは、従業員の健康保持・増進の取組みが、将来的に収益性等を高める投資であるとの考えのもと、健康管理を経営的視点から考え、戦略的に実践することです。健康経営の推進は、従業員の活力や生産性の向上など、企業の活性化をもたらし、企業価値の向上につながると期待されています。

 山形県では、健康経営の普及啓発に積極的に取り組み、「健康経営やまがた」ブランドの確立により、働く人の健康と企業の競争力を確保し、健康長寿やまがたの実現を目指すとともに、「住んでよし、勤めてよし」の地域づくりを進めています。

やまがた健康企業宣言

 健康経営をはじめませんか。

 山形県では、事業所による健康づくりを促すため、全国健康保険協会(協会けんぽ)山形支部と連携し、「やまがた健康企業宣言」事業を推進しています。

 事業所のみなさん、「やまがた健康企業宣言」にご登録ください。

  

 詳しくは、全国健康保険協会(協会けんぽ)山形支部ホームページをご覧ください。

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ