ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康 > 各種計画・指針・報告書等 > 新型インフルエンザ等対策行動計画を策定しました

新型インフルエンザ等対策行動計画を策定しました

新型インフルエンザとは、動物(特に鳥類)のインフルエンザウイルスが、人の体内で増えることができるように変化し、人から人へと効率よく感染できるようになった新型インフルエンザウイルスに感染して起こる疾患です。

新型インフルエンザが発生した場合、ほとんどの人が免疫を持っていないため、世界的な大流行となり大きな健康被害と社会的影響をもたらすおそれがあります。

また、新型インフルエンザと同等の危険性のある新たな感染症が発生する恐れもあります。

県では、新型インフルエンザ等の影響を最小限にとどめるため、平成25年4月に施行された「新型インフルエンザ等対策特別措置法」に基づき、「山形県新型インフルエンザ等対策行動計画」を策定しましたのでお知らせします。

今後は、本計画に基づき、新型インフルエンザ等が発生した場合に、県民の生命及び健康を保護し、県民生活及び県民経済に及ぼす影響が最小となるよう対策に取り組んでまいります。

計画の位置づけ

 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく計画であり、基本方針と具体的実施内容を示し、行政、医療機関、企業、学校、県民などが連携・協力して取り組むべき対策の基準を示すものです。

対策の目的

感染拡大を可能な限り抑制し、健康被害及び社会・経済機能への影響を最小限にとどめ、県民生活の安定を確保することを目的としています。

計画のポイント

  • 計画の対象は新型インフルエンザと新感染症※1
  • 指定地方公共機関※2の指定及び責務の明記
  • 新型インフルエンザ等緊急事態宣言時における対策
       (例)・不要不急の外出自粛要請
           ・施設の使用や催物の制限要請、指示
  • 特定接種(医療従事者及び社会機能維持者への臨時予防接種)の実施

※1 既知の感染性の疾病とその病状等が明らかに異なり、病状の程度が重篤なもの。(全国的かつ急速なまん延のおそれのあるものに限る。)

※2 新型インフルエンザ等発生時に、行政とともに国民の生命及び健康を保護し、国民生活及び国民経済に及ぼす影響が最小となるよう対策を実施する公益的事業者。知事が指定する。

 

山形県新型インフルエンザ等対策行動計画の概要(PDF:127KB)

山形県新型インフルエンザ等対策行動計画(PDF:1.4MB)

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ