ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康 > 生活習慣病対策 > 平成24年度山形県受動喫煙対策等実態調査の結果について

平成24年度山形県受動喫煙対策等実態調査の結果について

 県内の飲食店や宿泊施設などの各施設における受動喫煙防止対策や利用者の健康を考えたメニューの提供状況などの健康づくりに関連した取組みの実態や、それらの施設を利用する県民の意識を把握するため、下記のとおり「平成24年度山形県受動喫煙防止対策等実態調査」を実施しました。その結果がまとまりましたので、お知らせします。

調査の概要

1 調査対象

 (1) 施設の受動喫煙防止対策等の実施状況調査

 県内の施設で、多数の者が利用し、施設r管理者に必要な措置を講ずることに努めなければならないと、健康増進法25条で規定されている施設及び、他県の受動喫煙防止対策条例で規制対象とされた施設のうち、他の調査等により受動喫煙防止対策の実施状況が把握されていた施設を除く、8,865施設

 <施設内訳>
飲食店調査対象数 4,905有効回答数 1,500回答率 30.6%
飲食店以外(※)調査対象数 3,960有効回答数 2,018回答率 51.0%

※飲食店以外の施設:宿泊施設、金融機関、公衆浴場、理容店、レジャー施設(カラオケ店等)、遊技場(パチンコ店等)、公共交通機関(駅、空港等)
(注)金融機関は、一部の施設を調査対象としなかったため、本調査の集計対象施設から除外

  (2) 受動喫煙防止対策等に関する県民の意識調査

 県内4地域で選定した調査地点(大型スーパーやショッピングモールなど)における来客者2,510名
なお、対象者の年齢層に偏りがないよう調査の時間帯、曜日等に配慮し、男女ほぼ同数、年齢層もほぼ同割合とした。同居家族に小学生以下の子どもを持つ者を3割弱対象者とした。

2 調査方法

 (1) 施設の受動喫煙防止対策等の実施状況調査

 電話帳等を基に作成したリストにアンケート(「受動喫煙対策等実態調査調査票(飲食店)(PDF:152KB)」、「受動喫煙対策等実態調査調査票(飲食店 以外(PDF:126KB)」)を郵送により送付し、郵送により回収した。

 なお、他の調査等による結果の活用が可能な項目(受動喫煙防止対策の実施の有無)については、本調査と他の調査等の結果を合わせて県内の公共的施設全体の状況を掲載した。

  (2) 受動喫煙防止対策等に関する県民の意識調査

 「県民生活意識調査票(PDF:114KB)」を基に、面接による聞き取り調査を行った。

調査の結果

1 調査の概要(平成25年7月3日公表資料)

平成24年度山形県受動喫煙防止対策等実態調査の結果の概要について(PDF:428KB)

2 結果報告書

結果報告書(全体)(PDF:1.8MB)

01 表紙(PDF:12.7KB)

02 目次(PDF:96.6KB)

03 第1章 調査の概要(PDF:110KB)

04 第2章 調査の方法(PDF:128KB)

05 第3章 調査の結果 第1節 施設の受動喫煙防止対策の実施状況調査(PDF:402KB)

06 第3章 調査の結果 第2節 受動喫煙防止対策等に関する県民の意識調査(PDF:244KB)

07 第3章 調査の結果 第3節 飲食店における健康づくりに関連した取組みに関する調査(PDF:251KB)

08 第3章 調査の結果 第4節 県民の健康づくりに関する意識調査(PDF:114KB)

09 第4章 資料編(PDF:844KB)

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2013-07-03掲載

関連情報