ホーム > 健康・福祉・子育て > 高齢者 > 虐待防止 > 山形県高齢者・障がい者虐待防止県民会議

山形県高齢者・障がい者虐待防止県民会議

「山形県高齢者・障がい者虐待防止県民会議」について
 
 
1 目 的
 高齢者及び障がい者に対する虐待(以下「虐待」という。)を防ぐためには、県民一人ひとりが虐待の問題に関して理解を深めるとともに、関係機関の連携協力が必要です。
 本県では、虐待を防止し、高齢者及び障がい者が尊厳を持って安心して暮らすことができる地域づくりを実現していくため、県民の代表として、虐待の防止に関係のある各機関の代表等からなる委員と、一般県民からなる公募委員で構成する「山形県高齢者・障がい者虐待防止県民会議」(以下「県民会議」という。)を設置しています。 
※平成27年度から「山形県高齢者虐待防止県民会議」から「山形県高齢者・障がい者虐待防止県民会議」に名称を変更しました。
 
2 役 割
 虐待に関する情報交換、県内の虐待の総合的な状況把握と分析、広報啓発活動、関係機関の事業などへの支援、その他虐待防止等のための必要な事項に関し協議検討をしていきます。
 
3 県民会議委員の構成
 次の者の中から30名以内の委員で構成され、任期は2年とします。
(1)法曹関係者
(2)権利擁護関係者
(3)医療・保健・福祉関係者
(4)学識経験者
(5)行政機関関係者
(6)公募委員
(7)その他知事が適当と認めた者                                          
 
4 会議等
①県民会議の開催
②専門部会(必要に応じ開催)
 
 ○平成28年度山形県高齢者・障がい者虐待防止県民会議(平成29年1月23日開催)
   ※ パンフレット類など一部の配布資料の掲載は省略しております。
 
   ○平成27年度山形県高齢者・障がい者虐待防止県民会議(平成27年8月27日開催)
 
 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成26年3月  平成25年度の県民会議の情報を更新
  • 平成26年10月 平成26年度の県民会議の情報を更新
  • 平成27年10月 平成27年度の県民会議の情報を更新
  • 平成29年4月 平成28年度の県民会議の情報を更新

関連情報