ホーム > 健康・福祉・子育て > 高齢者 > 介護事業者向け > ユニットケア研修のご案内(平成29年10月27日掲載)

ユニットケア研修のご案内(平成29年10月27日掲載)

 

「2017年度後期ユニットケア研修」再々募集のご案内 

  日本ユニットケア推進センターから「施設管理者研修」及び「ユニットリーダー研修」の案内がありましたのでお知らせします。当該研修の受講を希望される施設は、次により申込みくださるようお願いします。

1 研修受講対象施設

・ユニット型介護老人福祉施設

・ユニット型介護老人保健施設

・ユニット型介護療養型医療施設

・ユニット型短期入所生活介護

・ユニット型短期入所療養介護

・ユニット型地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

※経過措置による一部ユニット型を含む

※併設型の短期入所生活介護・短期入所療養介護のユニットリーダー研修受講者の配置基準については、本体施設と一体的なものと考えてください。例えば、特養本体8ユニット、併設型のショート2ユニットの施設の場合、特養本体において当該研修を受講したユニットリーダー2名、ショート1名の計3名必要となるのではなく、10ユニットで併せて2名必要になると考えてください。

※研修受講対象職員は、ユニットケア施設等の管理者(リーダー研修については職員)又は管理者就任予定の者(リーダー研修については勤務する予定の職員(原則として、研修受講年度またはその翌年に開設するユニットケア施設に勤務する予定の職員))が対象となります。

 

2 研修実施要項及び受講者募集要項等

課長通知 (PDF40KB)

一般社団法人日本ユニットケア推進センター通知 (PDF37KB)

(別添1)2017年度後期ユニットケア施設管理者研修再々募集について (PDF142KB)

・  (別添2)2017年度後期ユニットリーダー研修再々募集について (PDF207KB)

3 受講申込に係るシステム入力

 インターネットを利用した「オンライン受講申込システム」により申し込んでください。

①「システムによる申込のお知らせ」を確認し、日本ユニットケア推進センターのホームページ(http://www.unit-care.or.jp/)より「ユニットケア研修オンライン受講申込システム受講希望施設用マニュアル」をダウンロードしてください。

 

②マニュアルに従って入力してください

 ※申込期間を過ぎると入力できなくなりますのでご留意ください。

 ※誤った内容を入力してしまった場合、受講の優先順位が下がり、受講できなくなってしまう場合もありますので、注意してください。

 

4 申込期間

 申込(入力)期間   平成29年10月30日(月)から平成29年11月24日(金)

 

5 費用負担

 本県における費用(受講料・宿泊費・交通費・教材費等)は、全て自己負担(施設負担)となります。

 

6 その他

・ 各研修の「募集要項」をよくお読みいただき、受講者変更手続き及び受講辞退の手続き、受講辞退に伴う受講料の返金とキャンセル料について、申込前に必ず確認してください。

・ 研修を受講できる人数に限りがあるため、申込をされた方が必ずしも全員受講できるとは限りませんので、あらかじめご了承願います。

・ 受講決定については、日本ユニットケア推進センターより各受講申込施設にお知らせメールが送信されますので、システムで受講決定者を確認し、必要書類をダウンロードしてください。

・ 研修の位置付け

○施設管理者研修
 受講しなければならないという法令上の義務はありませんが、従前はユニットリーダー研修とセットで受講することとされていたものであり、できるだけ受講が求められている研修です。
○ユニットリーダー研修
 指定介護老人福祉施設の人員、設備及び運営に関する基準」等により、法令上義務付けられているものです。
 
※ユニットごとに、常勤のユニットリーダーの配置が必要。
ただし、当面は、ユニットケアリーダー研修を受講した従業者を各施設に2名以上配置する(ただし、2ユニット以下の施設は1名でよい)ほか、研修受講者が配置されているユニット以外のユニットでは、ユニットにおけるケアに責任を持つ(研修受講者でなくても構わない)従業者を決めてもらうことで足りるものとする。
 この場合、研修受講者は、研修で得た知識等をリーダー研修を受講していないユニットの責任者に伝達するなど、当該施設におけるユニットケアの質の向上の中核となることが求められる。(以下、略)
 
 
 このため、基準を満たすために研修受講者が必要な施設(事業所)は今回必ず申し込んでください。
 ユニットリーダー研修を修了した常勤のユニットリーダーを配置していない施設は、原則として介護報酬が減算されることになります。ただし、やむを得ないと県又は市町村が判断した場合には、減算をしないという運用をすることもあります。これは、必要な研修の申込みをしたにもかかわらず、定員の関係等で受講できなかった場合、受講者の体調不良等やむを得ない理由で研修が修了できなかった場合、要資格者の急な退職、休職等による配置基準の不備等、真にやむを得ないと考えられる場合においての運用です。制度の理解不足による欠員、未履修等は理由になりませんので、十分注意してください。

 

「2017年度後期ユニットケア研修」のご案内 (募集終了)

  日本ユニットケア推進センターから「施設管理者研修」及び「ユニットリーダー研修」の案内がありましたのでお知らせします。当該研修の受講を希望される施設は、次により申込みくださるようお願いします。

1 研修受講対象施設

・ユニット型介護老人福祉施設

・ユニット型介護老人保健施設

・ユニット型介護療養型医療施設

・ユニット型短期入所生活介護

・ユニット型短期入所療養介護

・ユニット型地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

※経過措置による一部ユニット型を含む

※併設型の短期入所生活介護・短期入所療養介護のユニットリーダー研修受講者の配置基準については、本体施設と一体的なものと考えてください。例えば、特養本体8ユニット、併設型のショート2ユニットの施設の場合、特養本体において当該研修を受講したユニットリーダー2名、ショート1名の計3名必要となるのではなく、10ユニットで併せて2名必要になると考えてください。

※研修受講対象職員は、ユニットケア施設等の管理者(リーダー研修については職員)又は管理者就任予定の者(リーダー研修については勤務する予定の職員(原則として、研修受講年度またはその翌年に開設するユニットケア施設に勤務する予定の職員))が対象となります。

 

2 研修実施要項及び受講者募集要項等

課長通知 (PDF45KB)

2017年度 一般社団法人日本ユニットケア推進センター研修実施要項 (PDF307KB)

2017年度後期 ユニットケア研修受講者募集要項  (PDF423KB)

2017年度後期 受講の手引き (PDF1.6MB)

実地研修施設一覧 (PDF726KB)

システムによる申込み開始のお知らせ (PDF581KB)

 

3 受講申込に係るシステム入力

 インターネットを利用した「オンライン受講申込システム」により申し込んでください。

①「システムによる申込のお知らせ」を確認し、日本ユニットケア推進センターのホームページ(http://www.unit-care.or.jp/)より「ユニットケア研修オンライン受講申込システム受講希望施設用マニュアル」をダウンロードしてください。

 

②マニュアルに従って入力してください

 ※申込期間を過ぎると入力できなくなりますのでご留意ください。

 ※誤った内容を入力してしまった場合、受講の優先順位が下がり、受講できなくなってしまう場合もありますので、注意してください。

 

4 申込期間

 申込(入力)期間   平成29年7月24日(月)から平成29年8月15日(火)

 

5 費用負担

 本県における費用(受講料・宿泊費・交通費・教材費等)は、全て自己負担(施設負担)となります。

 

6 その他

・ 各研修の「募集要項」をよくお読みいただき、受講者変更手続き及び受講辞退の手続き、受講辞退に伴う受講料の返金とキャンセル料について、申込前に必ず確認してください。

・ 研修を受講できる人数に限りがあるため、申込をされた方が必ずしも全員受講できるとは限りませんので、あらかじめご了承願います。

・ 受講決定については、日本ユニットケア推進センターより各受講申込施設にお知らせメールが送信されますので、システムで受講決定者を確認し、必要書類をダウンロードしてください。

・ 研修の位置付け

○施設管理者研修
 受講しなければならないという法令上の義務はありませんが、従前はユニットリーダー研修とセットで受講することとされていたものであり、できるだけ受講が求められている研修です。
○ユニットリーダー研修
 指定介護老人福祉施設の人員、設備及び運営に関する基準」等により、法令上義務付けられているものです。
 
※ユニットごとに、常勤のユニットリーダーの配置が必要。
ただし、当面は、ユニットケアリーダー研修を受講した従業者を各施設に2名以上配置する(ただし、2ユニット以下の施設は1名でよい)ほか、研修受講者が配置されているユニット以外のユニットでは、ユニットにおけるケアに責任を持つ(研修受講者でなくても構わない)従業者を決めてもらうことで足りるものとする。
 この場合、研修受講者は、研修で得た知識等をリーダー研修を受講していないユニットの責任者に伝達するなど、当該施設におけるユニットケアの質の向上の中核となることが求められる。(以下、略)
 
 
 このため、基準を満たすために研修受講者が必要な施設(事業所)は今回必ず申し込んでください。
 ユニットリーダー研修を修了した常勤のユニットリーダーを配置していない施設は、原則として介護報酬が減算されることになります。ただし、やむを得ないと県又は市町村が判断した場合には、減算をしないという運用をすることもあります。これは、必要な研修の申込みをしたにもかかわらず、定員の関係等で受講できなかった場合、受講者の体調不良等やむを得ない理由で研修が修了できなかった場合、要資格者の急な退職、休職等による配置基準の不備等、真にやむを得ないと考えられる場合においての運用です。制度の理解不足による欠員、未履修等は理由になりませんので、十分注意してください。

 

 

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2017-03-29 「2016年度前期ユニットケア研修」再募集の案内を掲載
  • 2017-01-25 「2016年度前期ユニットケア研修」の案内を掲載
  • 2016-09-15 「2016年度後期ユニットケア研修」再募集の案内を掲載 
  • 2016-07-14 「2016年度後期ユニットケア研修」の案内を掲載 
  • 2016-03-31 「2016年度前期ユニットケア研修」再募集の案内を掲載
  • 2016-01-25 「2016年度前期ユニットケア研修」の案内を掲載 

関連情報