ホーム > 健康・福祉・子育て > 高齢者 > 認知症 > 「若年性認知症の人と支援者のためのガイドブック」について

「若年性認知症の人と支援者のためのガイドブック」について

 若年性認知症とは、65歳未満で発症する認知症で、当事者や家族の心理的な負担、生活への影響の大きさなど、高齢者の認知症とは異なる問題があります。このような問題へ対応するためには、様々な制度やサービスを活用する必要があり、広範囲にわたる知識や情報が必要となります。
 

 「若年性認知症の人と支援者のためのガイドブック」は、本人や家族、市町村・地域包括支援センターの窓口担当者などの支援者の皆様に利用していただくことを目的として作成したガイドブックです。

 

 このガイドブックでは、若年性認知症についての基本情報と、若年性認知症の方が使うことの多い制度について説明し、それぞれの制度に関する山形県内の窓口を紹介しています。下記よりダウンロードのうえ、ご活用ください。

「若年性認知症の人と支援者のためのガイドブック」

【分割版】 PDFの容量が大きいため、資料を分割しております。

表紙(PDF:1,148KB)1/5(PDF:1,352KB)2/5(PDF:1,471KB)3/5(PDF:1,013KB)4/5(PDF:485KB)5/5(PDF:1,965KB)

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ