ホーム > 健康・福祉・子育て > 高齢者 > よくある質問 > 在宅介護を進めるために住宅を改造するときの資金については

在宅介護を進めるために住宅を改造するときの資金については

(1) (社福)県社会福祉協議会で取り扱う「生活福祉資金」において、日常生活上介護の必要な高齢者や障害者等の属する世帯の住宅の増改築、補修等に要する資金の貸し付けを受けることができます。
 また、市町村によっては、高齢者向けの住宅の増改築に対して「高齢者住宅整備資金」の貸し付けを行っているところがあります。詳しくは、お住まいの市町村にお問い合わせください。

(社福)山形県社会福祉協議会 山形市小白川町2-3-31 023-622-5805
 

(2) 旧住宅金融公庫で積立をしていた方を対象として、高齢者・身体障害者用設備設置工事(移動用リフト、専用の浴室・便所・洗面所等)を行う場合に、割増融資を受けることができます。

住宅金融支援機構東北支店 仙台市青葉区片平1-3-18 022-227-5012
●建築住宅課023-630-2641
 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ