ホーム > 健康・福祉・子育て > 高齢者 > 社会参画 > ロコモを予防しましょう!

ロコモを予防しましょう!

ロコモロゴ
 

はじめに

運動器の障がいのために移動能力の低下をきたして、要介護になっていたり、要介護になる危険の高い状態を「ロコモティブシンドローム(運動器症候群。略称:ロコモ)」といいます。
 ロコモは筋肉、骨、関節などの運動器のいずれかに障がいが起き、歩行や日常生活に何らかの障がいをきたしている状態です。立って歩くことが困難になると移動能力が低下し、不便な日常生活を強いられることになります。
 いつまでも自分の足で歩き続けていくために、ロコモを予防し、健康寿命を延ばしていくことが重要です。

山形県知事の挨拶

知事写真

 皆さん、こんにちは。山形県知事の吉村美栄子です。
 山形県では、「健康長寿やまがたの実現」を目指し、県民の皆さん一人ひとりが、生涯を通じた健康づくりの実践を推進しています。
 特に、高齢になったとき、足腰の衰えで寝たきりや要介護状態となってしまう、ロコモティブシンドロームの予防が重要です。
 そこで、山形県では、県民の皆さんが日常生活のなかで、ロコモの予防に取組めるよう、「花のやまがた、しゃんしゃん体操」を普及してまいります。
 また、この体操のインストラクターを養成して、県内に広げていく取組みを行ってまいります。
 それでは、皆さん、「花のやまがた、しゃんしゃん体操」で、ロコモ予防に努めましょう。 


ロコモティブシンドローム
ロコチェック・ロコトレ
ロコモ動画

ロコモ予防体操「花の山形!しゃんしゃん体操」のインストラクターを派遣します

地域や職場で「花の山形!しゃんしゃん体操」をしてみませんか?

しゃんしゃん体操のインストラクター養成講座を修了したインストラクターが体操を指導します。

派遣希望がありましたら、お住まいの市町村役場の介護予防体操担当課または、最寄りの保健所へ御相談ください。

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ