ホーム > 健康・福祉・子育て > 障がい者・障がい児 > 行事・研修 > 令和2年度山形県同行援護従業者養成研修の開催について

令和2年度山形県同行援護従業者養成研修の開催について

 ※令和2年度については今後の新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策の状況により、研修の延期または中止となる可能性があります。

目的

 視覚障がいにより、移動に著しい困難を有する障がい者等に対して、外出時に、当該障がい者等に同行して、移動に必要な情報を提供するとともに、移動の援護、排せつ及び食事等の介護その他の当該障がい者等が外出する際に必要な援助に関する知識及び技能を有する同行援護従業者の養成を図ることを目的とします。

主催

山形県

運営法人及び実施機関

未定

実施要領等・カリキュラム

下記は昨年度の資料です。

一般課程(従業者向け) 

※今後の新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策の状況により、研修の延期または中止となる可能性があります。

受講対象者

同行援護に従事する方、又は従事することを希望する方。

※ 同行援護の従業者としての資格要件等については下記資料を御覧ください。

【参考】山形県同行援護従業者養成研修について(pdf 84.9kb)

研修期間

未定

応用課程(サービス提供責任者向け)

※今後の新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策の状況により、研修の延期または中止となる可能性があります。

受講対象者

下記の1から6のいずれかに該当し、「同行援護従事者養成研修(一般課程)」を修了した方(修了予定の方)又は同行援護従業者養成研修の課程に相当するものとして山形県知事が認める研修を修了した方

  1. 介護福祉士
  2. 実務者研修の修了者
  3. 介護職員基礎研修の修了者
  4. 居宅介護従業者養成研修1級課程修了者
  5. 居宅介護従業者養成研修2級課程修了者で3年以上介護等の業務に従事した者
  6. 居宅介護職員初任者研修修了者で3年以上介護等の業務に従事した者
 
 ※ 同行援護のサービス提供責任者としての資格要件、山形県知事が認める研修については下記資料を御覧ください。

研修期間

未定

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成29年5月22日掲載

関連情報