ホーム > 健康・福祉・子育て > 障がい者・障がい児 > 障がい者就労・施設製品 > 第二期山形県工賃向上計画について

第二期山形県工賃向上計画について

第二期山形県工賃向上計画

本県では、障がい者の方が地域で自立した生活を送ることができるよう、工賃の向上を目的として、目標工賃と今後取り組んでいく具体的な方策を記載した「山形県工賃向上計画」を平成24年度に策定し、工賃向上に向けて取り組んできました。
これまでの事業所や県の取組の評価・検討を踏まえ、「第二期山形県工賃向上計画」を策定し、引き続き工賃向上に向けた取組を進めていきます。
 

計画の概要 

1.計画期間

平成27年度から平成29年度までの3年間
 

2.計画の位置づけ

第4次山形県障がい者計画における「福祉的就労への支援」を具体的に推進する施策
 

3.対象事業所

就労継続支援B型事業所
 

4.山形県の目標工賃 

区分事業所数平成27年度平成28年度平成29年度
月額8012,500円13,500円14,500円
時間額36180円185円190円
※平成32年度に全国の平均工賃月額17,510円(推計)の水準を達成することを最終目標とし、平成29年度はその中間となる工賃水準を目指します。
※事業所数については、平成27年4月1日現在の施設数を参考として併記しています。
 

 5.県が実施していく方策

(1)工賃向上計画の進行管理
○毎年度、事業所が策定している工賃向上計画の達成状況を把握し、必要に応じて計画の見直しを行うなど、計画の進行管理を行います。
 
(2)工賃向上に向けた事業所におけるPDCAの確立と意識向上
○全ての事業所における工賃向上計画の策定を目指します。
○毎年度、事業所に計画の進捗状況、評価・検証結果等に関する報告を求め、PDCAサイクルの確立と意識向上を目指します。
 
(3)工賃向上のための県事業の推進
○事業所に対し、工賃向上に関する県事業への取組を働きかけるとともに、事業所のニーズに対応した支援策を講じます。
①事業の周知
④新たな福祉的就労の場(施設外就労等)の確保
 

6.関係資料

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成28年4月:第二期山形県工賃向上計画を掲載しました。
  • 平成29年9月:工賃向上事業にかかるリンク更新

関連情報