ホーム > やまがた社会貢献基金 > 基金の概要 > やまがた社会貢献基金とは

やまがた社会貢献基金とは

趣   旨

  県内には、地域や社会の課題解決に取り組んでいる様々な社会貢献活動団体
  があります。その中には、活動資金の確保に苦慮している団体が多数あります。
 
  一方、「地域や社会のため、何らかの形で貢献できないか」という思いを
  持っている県民、企業の方々も多数いらっしゃいます。
 
  その両者をつなぐ仕組みがあれば、社会貢献活動がもっと盛り上がり、
  今よりもっと住み良い地域社会をつくっていくことができます。
 
  この基金制度は、そうした趣旨のもとに、県が両者をつなぎ、山形県内の
  社会貢献活動を活性化していくため、平成20年4月にスタートしました。
 
 
 

制度概要

 
  「地域や社会のために貢献したい」 そうした県民や企業の方々の思いを
  「寄付」という形で県にお寄せいただき、県も拠出金を支出して基金を造成します。
 
  その基金を活用し、身近な地域の問題や社会的な課題を解決するために、NPO
  などの社会貢献活動団体 が取り組む事業を支援し、住み良い地域社会をつくります。
 
  この基金は、外部有識者からなる基金運営委員会を設置し、その意見を聞きながら
  山形県が運営に当たります(事務局:山形県県民文化課県民活動プロスポーツ支援室)。
 
  この基金の特徴は、次のとおりです。
 

 つ な ぐ

   「社会のため活動する団体を応援したい」という県民や企業の方々(寄付者)の善意を、
   県が仲介し「力とアイデアはあるけど活動資金に困っている」団体につなぎます。
 

 選  ぶ

   基金の活用に当たっては、寄付者の方々の「この団体を応援したい」
   「こんな活動に使って欲しい」という 希望を尊重します。
 

 伝 え る

   応援いただいた団体の活動成果、結果等は、ホームページ等を使って広く公表します。              
 
 

イメージ図

基金イメージ図

やまがた社会貢献基金パンフレット

 やまがた社会貢献基金のパンフレットはこちらからダウンロードできます。
 是非、ご活用ください。

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション