ホーム > やまがた社会貢献基金 > 支援を受けるには > 協働助成事業(一般型)

協働助成事業(一般型)

  

概要

下記の3部門で事業企画提案を募集し、その中から優れた提案を選定して助成します。
 

   (1) 重点課題部門:県が設定する重点課題に対して提案する事業(平成29年度から新設)
                ※重点課題は年度により異なる場合があります。
   (2) 県政課題部門:県が設定する県政課題に対して提案する事業
                ※県政課題は年度により異なる場合があります。
   (3) 自由提案部門:地域や社会の課題に対して、NPO自らが課題解決に向け提案する事業

 

事業の特色

 NPOと県が協働して実施する事業であることが条件となります。


《協働の一例》
   ・「共催」:NPOと県が主催者となり、共同で一つの事業を行う。
   ・「実行委員会・協議会」:NPOと県で実行委員会・協議会などを構成し、主催者として事業を行う。
   ・「事業協力」:NPOと県との間で、それぞれの特性を活かせるよう役割を分担し、一定期間継続的な関係のもとで、

    協力して事業を行う。

 
 

助成額

部門ごとに以下の金額を上限に助成します。

 

 ・重点課題部門:1件当たり100万円以内(補助総額200万円以内)

 ・県政課題部門・自由提案部門:1件当たり50万円以内

   ※採択件数は年度により異なります。また、予算の状況により、企画提案いただいた事業費を査定する場合があります。

 
 
 

募集時期

毎年3月頃から募集を開始します。
 ※ 年度により異なります。

 

 

その他

 申請様式等はこちらからダウンロードできます。

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション