ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 防犯・防災 > 防災 > 雪下ろし・落雪事故防止注意喚起情報

雪下ろし・落雪事故防止注意喚起情報

雪下ろし・落雪事故防止注意喚起情報を発表します

山形県では、12月から3月までの降雪期間、最高気温や積雪などの気象データをもとに、屋根からの落雪や雪下ろし中の転落事故が発生しやすい状態になったことをお知らせする「雪下ろし・落雪事故防止注意喚起情報」を発表します。

 

 発表状況

   

(令和元年度)過去の発表状況

2月11日~18日:第1号(庄内地域)(PDF:213kB) 

 

 情報発信方法

県ホームページをはじめ、県内報道機関の協力を得ながら広く発信していきます。

 

 ★注意喚起情報が発表されたら

屋根の雪が滑り落ちる危険性が高い状態となっています。

屋根からの落雪に十分注意し、可能であれば雪下ろし作業は行わないようにしましょう。

もし雪下ろし作業を行わなければならないときには、安全装備を万全にし、2人以上で雪のゆるみなどに厳重に注意しながら作業を行うようにしましょう。

 

◎安全な雪下ろしのポイントは8つ!

1.屋根の雪のゆるみに注意!

2.ヘルメットの着用など安全な服装で!

3.命綱を使いましょう!

4.はしごはしっかり固定!

5.使いやすい除雪道具を!

6.2人以上で作業!

7.無理な作業は行わない!

8.足場にはいつも注意!

 

ミニブック「安全な雪下ろしガイド」(PDF)はこちら

 

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報