ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 防犯・防災 > 防災 > 「大規模氾濫時の減災対策協議会」を設置しました

「大規模氾濫時の減災対策協議会」を設置しました

「水防災意識社会再構築ビジョン」とは

平成27年9月の関東・東北豪雨では鬼怒川堤防の決壊など、甚大な被害が発生しました。

これを踏まえ、近年の頻発・局地化・激甚化する豪雨に対応するため、「施設では防ぎきれない大洪水は必ず発生するもの」へと意識を変革し、社会全体で洪水氾濫に備える「水防災意識社会再構築ビジョン」が策定されました。

「大規模氾濫時の減災対策協議会」の設置

豪雨による大規模被害に備え、隣接する自治体や県、国等が連携して減災のための目標を共有し、ハード・ソフト対策を一体かつ計画的に推進する必要があります。

そのため、以下のとおり「大規模氾濫時の減災対策協議会」を設置し、各協議会を実施しています。

 ※「水防法の一部改正(平成29年6月19日施行)」により、「大規模氾濫減災対策協議会」が水防法へ位置づけられました。

県内の減災対策協議会一覧

 ○最上川上流大規模氾濫時の減災対策協議会 ←ここをクリック

         国土交通省東北地方整備局 山形河川国道事務所のホームページへ

 

 ○最上川中流大規模氾濫時の減災対策協議会 ←ここをクリック

    国土交通省東北地方整備局 新庄河川事務所のホームページへ

 

 ○最上川下流・赤川大規模氾濫時の減災対策協議会  ←ここをクリック

    国土交通省東北地方整備局 酒田河川国道事務所のホームページへ

 

 ○荒川上流大規模氾濫時の減災対策協議会 ←ここをクリック

 

 ○山形県二級河川大規模氾濫時の減災対策協議会 ←ここをクリック

 協議会の配置・範囲図

 00_協議会設置区分図.jpg

          

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2017-07-26掲載

関連情報