ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 防犯・防災 > 防災 > 災害に関する県税の期限の延長措置等について

災害に関する県税の期限の延長措置等について

災害に関する県税の特例措置(概要)については、以下のとおりです。

納税の猶予

財産が災害(震災、風水害、火災など)にあった場合で納税できないときには、申請することにより納税が猶予されることがあります。

猶予される期間は1年以内(事情により最高2年まで)です。 

期限の延長

災害などにより、期限までに納税や申告ができないときには、申請すること等により、期限が延長されます。

延長される期限は、災害などがやんだときから2か月以内です。 

県税の免除

次の県税については、それぞれの理由に該当する場合には、申請することにより、県税が減額又は免除されることがあります。

個人事業税

不動産取得税

自動車税

自動車取得税

個人県民税

  • お住まいの市町村税務担当課へお問い合わせください。

 

詳しくは各総合支庁税務担当課へお問い合わせください。

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成25年7月22日掲載
  • 平成25年7月26日更新(様式の追加)
  • 平成28年3月24日更新(様式の更新)

関連情報