ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 防犯・防災 > 犯罪被害者支援 > 「犯罪被害者支援県民のつどい2016」を開催しました

「犯罪被害者支援県民のつどい2016」を開催しました

犯罪被害者やその家族が置かれている状況、犯罪被害者等の名誉又は平穏な生活への配慮の重要性について県民の理解を深め、県民全体で犯罪被害者を支える社会の実現を目指すため、山形県と公益社団法人やまがた被害者支援センターが主催し、平成28年11月24日(木)に山形国際交流プラザにおいて、「犯罪被害者支援県民のつどい2016」を開催しました。

今年度は、性暴力被害者のための支援拠点となる「やまがた性暴力被害者サポートセンター」の運営開始にちなみ、性暴力被害者の実体験に基づく講演を行ったほか、同サポートセンターの愛称名である「べにサポ やまがた」を紹介し、専用の相談電話や支援内容についての広報を行いました。

プログラム

第一部  オープニングセレモニー

  ① 感謝状の贈呈

  ② 主催者・来賓等あいさつ

第二部  命の大切さを学ぶ教室作文コンクール

第6回山形県「命の大切さを学ぶ教室」作文コンクール

① 最優秀作品の表彰

② 最優秀作品の紹介・朗読

第三部  基調講演

演題 「過去とともに生きるということ ~性暴力サバイバーの戦いと回復~」

講師 工藤 千恵 氏 

 

 工藤さんは、被害当事者の声と「回復の先にある光」を伝えるための講演会や大人向けの性教育講座の開設をはじめ、支援者の”こころのリセット”のためのお話会など、前向きに進みたい人のための諸活動を展開しておられます。

開催状況

 つどい1

  会場前においてパネルなどを展示しました。

 

 つどい2

 被害者支援へご協力いただいた方へ感謝状を贈呈しました。

 

 つどい3

 工藤さんから、自らの被害体験などについて

               貴重な講演をいただきました。

 

つどい4 

やまがた性暴力被害者サポートセンター

      「べにサポ やまがた」について紹介しました。

 

つどい5

法務局のマスコットキャラクター

   人権「まもるくん」と「あゆみちゃん」が会場に来てくれました。

 

 

 

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成25年11月19日掲載

関連情報