ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 地域づくり > 地域活性化 > 山形県中心市街地・商店街活性化支援事業について

山形県中心市街地・商店街活性化支援事業について

 山形県では、中心市街地・商店街の活性化に向けたまちづくりの取組みを「山形県中心市街地・商店街活性化支援事業」により支援していきます。 
 

山形県中心市街地・商店街活性化支援事業について

 市町村の中心市街地・商店街の活性化に向けた合意づくりや計画づくりの支援を行う「中心市街地等活性化計画づくり支援事業」と計画策定後の支援を行う「中心市街地等活性化計画実行支援事業」、商店街の活性化に向けた新たな取組みを支援する「賑わいづくり実践支援事業(実践者向け補助事業)」、「賑わいづくり実践支援事業(支援機関向け補助事業)」の4つのメニューがあります。
 

(1)中心市街地等活性化計画づくり支援事業

  商店街振興組合、事業協同組合、商工会議所、商工会、まちづくり会社、まちづくりNPO等が、中心市街地や商店街の活性化に向け、地域の合意形成や、計画策定を進めるために行う事業を支援します。
 
   補助対象事業者:市町村(間接補助)  補助率:1/2以内  補助金の上限:30万円
 

(2)中心市街地等活性化計画実行支援事業

 中心市街地活性化基本計画又は商店街活性化事業計画等の実施主体となる組織が、中心市街地活性化に向けて定めたまちづくり計画に基づき実施する事業のうち、国による補助金の交付対象以外の事業(空き店舗の改修及び賃料を含む)を支援します。
 
   補助対象事業者:市町村(間接補助) 
   補助率:間接補助対象経費の1/3以内又は補助対象経費の1/2以内のいずれか額の低い方
   補助金の上限:100万円
 

(3)賑わいづくり実践支援事業(実践者向け補助事業)

 商店街振興組合、事業共同組合、まちづくり会社、まちづくりNPO等や、規約を備えた任意組織等が地域のニーズや環境の変化を踏まえ、中心市街地や商店街の活性化に向けて実施する新たな取組みを支援します。 
   補助対象事業者:市町村(間接補助)  補助率:1/2以内  補助金の上限:25万円
   

(4)賑わいづくり実践支援事業(支援機関向け補助事業)

 中心市街地や商店街の活性化に向けて、支援機関である商工会議所や商工会が中心となり、意欲ある商業者等の新たな取組みを後押しする事業を支援します。 
   補助対象事業者:市町村(間接補助)  補助率:1/2以内  補助金の上限:25万円
 
   
   ※ 事業の詳細については下記よりご確認ください。
 

 

(5)地域商業機能強化支援事業

 地域の商店の強みである小回りの良さ、住民との顔の見える関係を活かし、大規模小売店にはできない住民ニーズに即したサービスを提供できるように、地域における商業機能強化の取組みを支援します。
   補助対象事業者:市町村(間接補助)  補助率:1/2以内  補助金の上限:25万円
   
   ※ 事業の詳細については下記よりご確認ください。
 
     

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成29年4月10日 「(5)地域商業機能強化支援事業」を追加
  • 平成29年4月12日 「(1)~(4)」を更新

関連情報