ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 環境・リサイクル > エネルギー > 置賜地域における低炭素社会形成に向けた取組み

置賜地域における低炭素社会形成に向けた取組み

「低炭素社会形成に係る基本方針 後期推進方策」について

 置賜総合支庁では、平成25年7月に置賜地域における低炭素社会形成の実現に向けた基本的な方向性と推進方策を示した「低炭素社会形成に係る基本方針」(以下「基本方針」を策定しました。

 県では、再生可能エネルギーを巡る政府の動きや事業環境の変化を踏まえ、県エネルギー戦略の実現に向け具体的政策の展開方向を定めた「エネルギー政策推進プログラム」の中間見直しを平成28年度に行いました。

 上位計画に位置づけられる同プログラムが見直しされたことから、「基本方針」も後期(概ね平成29年度から)の推進方策等の見直しを行いました。

 見直しした「基本方針」は以下のとおりです。

 

  「低炭素社会形成に係る基本方針 後期推進方策」(下記に①【概要版】と②から④まで、基本方針を3分割で掲載)

       ②基本方針 本編(PDF  640KB)        1ページから20ページ
       ③基本方針 資料編1(PDF 1,755KB) 21ページから29ページ
       ④基本方針 資料編2(PDF 1,835KB) 30ページから37ページ 
                

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成25年9月5日掲載
  • 平成25年10月10日更新(勉強会追記)
  • 平成26年1月15日更新(勉強会追記)
  • 平成26年3月29日更新(勉強会追記)
  • 平成26年7月1日更新(勉強会資料データ縮小)
  • 平成28年 月 日更新(勉強会追記等)

関連情報