ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 環境・リサイクル > エネルギー > 山形県環境保全率先実行計画(第4期)~“もったいない”やまがたエコオフィスプラン~

山形県環境保全率先実行計画(第4期)~“もったいない”やまがたエコオフィスプラン~

 

「山形県環境保全率先実行計画(第4期)」の全文はこちらから(PDF)

~“もったいない”やまがたエコオフィスプラン~

 

(1) 策定の経緯

  県は、県内の社会経済活動において大きな位置を占める事業者及び消費者としての立場から、事務事業全般にわたり、環境負荷の低減に率先して取り組むことにより温室効果ガスの排出抑制を図り、ひいては、県民・事業者の環境配慮活動を促進するため、平成13年3月に、「地球温暖化対策の推進に関する法律」に基づく「山形県環境保全率先実行計画」 を策定し、エコオフィス活動を推進してきました。

 平成28年2月には、これまでの取組みの成果等を踏まえ、「山形県環境保全率先実行計画(第4期)~“もったいない”やまがたエコオフィスプラン~」を策定し、引き続き県のすべての機関において、その事務・事業における環境負荷の低減に取組んでいます。

参考:前期計画に関してはこちら 

 logo1

(2) 計画期間及び目標

    平成28年度から平成32年度までの5カ年間

太陽 温室効果ガスの総排出量に関する目標
平成32年度までに25年度比で温室効果ガスを10%削減する。

 

 

 個別の措置の目標(平成32年度における25年度比)
 バス ガソリン、軽油 7%削減 ビル 灯油、重油、ガス 7%削減
 電気 電気使用量 7%削減

 水道水道使用量 7%削減

用紙 用紙類使用量 7%削減

 廃棄物 廃棄物排出量 7%削減

 logo1 

 (3) 取組内容

    率先実行計画における取組概要及び実績は、次のとおりです。

     取組みの概要はこちら(PDFファイル:144KB)

     直近の実績(第3期計画における平成26年度実績)はこちら(PDFファイル:34KB)

    ① 庁舎における電気使用量の抑制等

       ② 燃料等の使用量の節減

       ③ 用紙類の使用量の削減

       ④ 廃棄物の量の削減、分別収集によるリサイクルの推進等

       ⑤ 環境に配慮した購入・契約の推進

          「山形県環境物品等調達基本方針」に基づくグリーン購入等、環境負荷の少ない購入・契約に努めています。

       基本方針等はこちら  グリーン購入についてはこちら

     ⑥ エコオフィス運動等

      夏季は冷房使用等により、冬は照明点灯の長時間化や暖房使用等により、エネルギー使用が増大する時季であることから、それぞれ

    「夏・冬のエコオフィス運動」として、 また、春季・秋季は行事や行楽等の機会が増えることから「エコ通勤・エコドライブ推進強化運動」として、

    県民運動と連動しながら、通年にわたり率先実行計画を強化する取組みを行っていきます。

      ・ 夏のエコオフィス運動 (6~ 9月)               
      ・ 冬のエコオフィス運動 (12~ 3月)        

      ・ エコ通勤・エコドライブ推進強化運動(4~ 5月、10~11月)          

 logo1

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2014-12-1 H25実績更新
  • 2015-05-29 H26冬実績・H27夏実施更新
  • 2015-12-09 H26実績更新

関連情報