ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 環境・リサイクル > 化学物質 > フロンはきちんと回収・破壊

フロンはきちんと回収・破壊

オゾン層を守り地球温暖化を防ぐために・・・
 
  有害紫外線から生命を守るオゾン層の保護と、地球温暖化の防止のためには、フロン類の大気中への排出を抑制する必要があり、エアコンや電気機器に使用されているフロン類は、それぞれ関係する法律により回収が義務付けられています。

 地球環境を守るため、これらの機器を廃棄する際は皆様の御理解と御協力をお願いします。 


 
○業務用エアコン・冷凍冷蔵機器(第一種特定製品)のフロン類

 

 

  業務用のエアコンや冷凍冷蔵空調機器(第一種特定製品)を廃棄する場合は、「フロン排出抑制法」の規定により、県知事の登録を受けた第一種フロン類充塡回収業者にフロン類の回収を依頼する必要があります。

 また、「フロン排出抑制法」は、「フロン回収・破壊法」の改正に伴い、平成27年4月1日から施行されていますが、以下のとおり新たに義務化されたものがありますので、適切な管理をお願いします。

 

フロン排出抑制法の概要(平成25年6月12日公布、平成27年4月1日施行)


 
新たに義務化されたもの
○第一種特定製品の管理者

  (1)第一種特定製品の設置について

    ○機器は適切な場所に設置する必要があります。

      機器周辺の清掃を行ってください。

      機器周辺には、点検修理のために必要な作業空間を確保してください。

 

  (2)第一種特定製品の点検等について

    ○機器の点検を実施してください。

     「簡易点検」

       全ての機器で実施してください。(四半期に1回以上)

       異音、外観の損傷、腐食やさびの有無、油にじみ、霜付等を確認してください。

       冷凍冷蔵機器については、庫内温度の確認も有効です。

        ※簡易点検は、管理者等どなたでも実施することができます。

 

     「定期点検」

      定格出力7.5kW以上の冷凍冷蔵機器・・・1年に1回以上実施

      定格出力50kW以上の空調機器・・・1年に1回以上実施

      定格出力7.5kW以上50kW未満の空調機器・・・3年に1回以上実施

        ※定期点検は、「十分な知見を有する(環境省リンク)」方が実施してください。

 

   ○漏えいを確認し、未修理の機器については、原則として冷媒の充塡は禁止されています。

     フロン類の漏えいがあった場合、必ず修理を行ってから冷媒を充塡してください。

     修理の際にフロン類の充塡及び回収を行う場合には、県の登録を受けた業者に依頼してください。

 

   ○点検記録を保存してください。

     全ての特定製品について、点検の記録をとり、機器ごとに保存してください。

     機器の廃棄まで、記録は保存してください。

 

   ○フロン類の算定漏えい量が、1000t/年度(CO2換算)以上の場合、国への報告が必要です。

     フロン類の充塡量から、事業者毎の漏えい量を算出します。(事業所単位ではありません。

     次年度の7月末までに、事業所管大臣に報告してください。(環境省リンク

     漏えい量は会社名とともに公表されます。

 

 (3)第一種特定製品の廃棄等について

   ○機器を修理、廃棄等する場合には、フロン類の漏えいが無いように、適切に充塡または回収してください。

    フロン類の充塡または回収は、県の登録を受けた事業者に依頼してください。

    充塡または回収後は、フロン類の回収報告書、充塡証明書を受け取ってください。

     情報処理センターに登録することで、書面の交付に変えることができます。)

 

○第一種特定製品にフロン類の充塡を行う者

 第一種特定製品にフロン類を充塡する場合は、県の登録を受けた者(第一種フロン類充塡回収業者)が実施する必要があります。

  ※「フロン回収・破壊法」に規定する第一種フロン類回収業者として登録されている事業者は、「フロン排出抑制法」施行後は自動的に第一種フロン類充塡回収   業者に移行します。

  ※フロン類の充塡のみを行っている者は、「フロン排出抑制法」施行後6ヵ月間(平成27年9月末日まで)は、県への登録が無くても充塡行為を行うことができま 

   す。(経過措置)

   それ以降も充塡行為を行う場合、第一種フロン類充塡回収業者として登録する必要があります。

 

 

 

法改正前から義務化されているもの

 

○第一種特定製品を整備する者 

(1)第一種特定製品の整備時にフロン類を充塡及び回収する際は、第一種フロン類充塡回収業者に委託しなければなりません。

 ただし、自らが第一種フロン類充塡回収業者としての登録をうけ、充塡及び回収を行う場合はこの限りではありません。

(2)第一種フロン類充塡回収業者にフロン類の充塡及び回収を委託する場合は、法律で定められた事項を充塡回収業者に通知しなければなりません。

 

  

第一種フロン類充塡回収業者(改正法施行前は「第一種フロン類回収業者」)

(1)第一種特定製品からのフロン類の回収行為に加え、第一種特定製品の整備時にフロン類の充塡を行うためには、都道府県の登録を受けなければなりません。

(2)第一種特定製品に、フロン類を充塡したときは充塡証明書を、フロン類を回収したときは回収証明書を、第一種特定製品の管理者に交付しなければなりません。また充塡量を記録しなければなりません。

 

第一種フロン類充填回収業者登録申請書

第一種フロン類充填回収業者変更届出書

第一種フロン類充填回収業者廃業等届出書(参考様式)

様式(word)

 ※【参考】
第一種特定製品の回収に関する運用の手引き 第3版(平成18年度改正対応)[環境省HPリンク]

 

 

第一種フロン類充填回収事業所名簿(PDFファイル)

  ※登録の有効期間は5年間ですのでご注意ください。

 

 

○第一種フロン類充填回収業者の年間報告について
  ○第一種フロン類充塡回収業者は年間実績を県知事に報告する必要があります。 
   H27年度分からは、充塡量も報告する必要があります。

        ⇒ 第一種フロン類充塡回収業 年間充塡・回収量等報告様式

 

 参考
フロン回収行程管理票・設置機器事前確認書等 標準様式入手先(他の様式でも使用可)
一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)[HPリンク] ※インターネットでの購入ができます。

 

 

みだり放出について

 フロン排出抑制法では、 何人もみだりに特定製品(業務用冷凍空調器)中の冷媒フロンを大気中に放出してはならないことになっています(法第86条)。
(違反した場合1 年以下の懲役又は50 万円以下の罰金)。
フロンをみだりに大気中に放出している等の情報があれば、お近くの総合支庁環境課までお知らせください。

  


 

 

 ○カーエアコン(第二種特定製品)のフロン類
自動車リサイクル法の規定に従って回収を行ってください。


自動車リサイクル法による回収義務 [環境省HPリンク]


山形県自動車リサイクル法関連ページ

 

 

 ○家庭用エアコン・冷蔵庫等(特定家庭用機器)のフロン類
家電リサイクル法の規定に従って製品の回収を行ってください。


家電リサイクル法による回収義務 [環境省HPリンク]

 



○オゾン層の保護に関する参考リンク

 

 

 
 

 



  

 

 

 

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2016-06-02 第一種フロン類充填回収業者名簿(H28.4.1現在)更新
  • 2017-06-08 第一種フロン類充填回収業者名簿(H29.4.1現在)更新

関連情報