ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 環境・リサイクル > 環境教育 > 環境学習に係る講師派遣事業の分類について

環境学習に係る講師派遣事業の分類について

環境科学研究センターでは、環境教育・学習の機会を県内に広げ、環境についての理解と認識を深めるため、学校・公民館・中小企業・住民団体等が行う、環境に関する講演・学習会等に講師を派遣する事業を行っています。

テーマや実施形態等に対応した複数の事業があり、それぞれの特徴をまとめましたので、参考にしてください。

(詳しくは、各ホームページをご覧ください。)

また、御相談いただければ、希望の内容に応じて適した講師を御紹介いたします。気軽にお問い合わせください。

 

講師の種別

(※1)

派遣講師

テーマ特徴

山形県

環境アドバイザー

学識経験者から

県がアドバイザーに委嘱した方

(大学教授、各分野の専門家)

水質、大気、土壌、環境保全、

野生動植物、廃棄物(リサイクル)、

ネイチャーゲームなど  (※2)

・専門性が高い

・講師によっては対象年齢や

 実施形態に制限がある

地球温暖化

防止活動推進員

地球温暖化に関する知識を有し、

知識の普及や防止活動の推進の

ために県が推進員に委嘱した方

地球温暖化・再生可能

エネルギーに関連すること

・地球温暖化に特化している

・地域での活動が豊富

・年齢を問わない

職員出前講座

環境科学研究センター職員、

情報棟業務従事職員

(NPO環境ネットやまがた)

上記を含む環境全般

環境行政

・全般的に対応可能

・行政課題・施策等に対応

・年齢を問わない

※1 いずれも講師料・交通費はいただきません。ただし、会場費・材料費等が発生する場合は御負担をお願いします。

※2 講師ごとに専門とするテーマが異なります。詳しくは、山形県環境アドバイザーの個別ページを参照してください。

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成27年10月30日掲載

関連情報