ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 環境・リサイクル > 環境教育 > 省エネチャレンジ

省エネチャレンジ

県内の家庭から排出される温室効果ガスは、全体の約2割を占めており、1990年度と比べて約67%増加しています(2013年度)。

県では、家庭におけるCO削減の取組みを推進するため、「家庭のアクション」を実施し、各家庭からの参加を呼びかけていますが、より一層の普及啓発のため、小学生向けの「家庭のアクション」として「省エネチャレンジ」事業を開始しました。

 

省エネチャレンジとは

将来を担う子どもたちを対象に、地球温暖化など環境問題に対する意識の醸成を図り、省エネの必要性への理解を深めてもらうとともに、身近なところからの省エネの取組みを促し、家庭への波及を促進します。

具体的には、家庭で過ごす時間が増える夏休み及び冬休み期間中を中心に省エネの取組みを実践し、学校を通して報告してもらいます。

報告していただいた結果は、「節電量」として推計し、「県民省エネ節電所」に集積しています。

 

「県民省エネ節電所」ホームページはこちら

 

平成29年度 夏の省エネチャレンジ

実施期間は、7月14日~8月21日の任意の7日間です。積極的なご参加をお願いします。

 

〈取組み項目〉

①冷蔵庫をあける時間を短くする

②テレビを見ていないときは消す

③歯みがき・手洗い・洗顔のとき、水を出しっぱなしにしない

④早寝早起きをする

⑤一家だんらん

 

これまでの省エネチャレンジの結果

 たくさんのご参加、ご協力ありがとうございました。

平成28年度 冬の省エネチャレンジ

◇実施期間:12月20日~1月31日の任意の7日間

◇参加小学校数:66校  ※参加校詳細はこちら(PDF:33kB)

◇参加児童数:3,246名

◇CO削減量:約1,277kg

 〈取組み項目〉

 ①暖房は20℃を目安に設定するか、いつもより1℃下げる

 ②テレビを見ていないときは消す

 ③使わない照明はこまめに消す

 ④冷蔵庫をあける時間を短くする

 ⑤家族はまとまって同じ部屋ですごす

平成28年度 夏の省エネチャレンジ

◇実施期間:夏休み期間中の任意の7日間

◇参加小学校数:14校  ※参加校詳細はこちら(PDF:33kB)

◇参加児童数:393名

◇CO削減量:約34kg

 〈取組み項目〉

 ①冷蔵庫をあける時間を短くする

 ②テレビを見ていないときは消す

 ③歯みがき・手洗い・洗顔のとき、水を出しっぱなしにしない

 ④早寝早起きをする

 ⑤家族はまとまって同じ部屋ですごす

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ