ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 環境・リサイクル > 環境マネジメント > 県の庁舎・施設における「夏のエコオフィス運動」について

県の庁舎・施設における「夏のエコオフィス運動」について


  夏季は冷房使用等により特にエネルギー使用が増大する時季であることから、「夏のエコオフィス運動」として、山形県地球温暖化防止県民運動と連動して、山形県環境保全率先実行計画(第4期)の取組みを強化しております。

  平成28年度の運動は次のとおりです。

 

平成28年度 県の庁舎・施設における夏のエコオフィス運動の概要

1 運動の目標

 電気使用量の削減
  6~9月の電気総使用量を平成25年度比で3.5%削減
  ※ 県民生活の安全・安心に直結する病院、福祉施設等については対象から除外
2 実施期間

  平成28年6月1日から平成28年9月30日まで

3 取組み内容

■重点・強化取組み項目

 ①一斉退庁・一斉消灯
   ライトダウンデー(7/7)、ライトダウンウィーク(7/19~22、8/1~5、8/8~12、左記以外に各部局が定める1週間以上)の実施等
 ②照明の適正使用
   不使用箇所の消灯徹底、日照に応じた窓際消灯、ひもスイッチの導入拡大
 ③空調の適正使用等
   冷房の効率的運転の徹底(室温28℃目安)、クールビズの励行等
 ④事務機器等(OA機器、その他機器)の適正使用
   長時間不使用時の主電源オフ・プラグオフの徹底

 ⑤階段利用励行によるエレベーター使用抑制
   4階程度の上り・6階程度の下りの階段利用励行

 

■所属における取組みの推進

 ・所属長による、職員へ早期退庁を促す声がけの実施
 ・「省エネ・節電実行責任者」を各所属で選出し、日々の省エネ・節電の取組みを推進

 

 
 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成26年6月2日 公開
  • 平成26年11月28日 公開

関連情報