ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 環境・リサイクル > 水環境 > 山形県特定事業場排出水自主管理要綱

山形県特定事業場排出水自主管理要綱

 山形県では、水質汚濁防止法に基づく特定事業場について、排出水等の自主管理を推進するため、法や条例に定めるものの他に必要な事項を「山形県特定事業場排出水自主管理要綱」(以下「自主管理要綱」という。)で定めています。

 県では、有害物質を使用する事業場における自主管理体制の強化を推進するため、自主管理要綱の改正を行いました。
 この新しい自主管理要綱は、平成17年9月1日から施行されています。

 【改正のポイント】
 (1)有害物質を使用する水質汚濁防止法の届出事業者は、当該有害物質に係る排出水の自主測定を1月に1回以上行うこととした。
 (2)排出水の自主測定が必要な項目を明確化した。

 水質汚濁防止法の排水基準が適用される事業者は、要綱に基づく自主管理要領を作成し、排出水の自主管理に努めるようお願いします。
 なお、自主管理要綱へのご質問は下記の機関へお問い合わせ下さい。



山形県特定事業場排出水自主管理要綱(改正版) PDF形式(68KB)

山形県特定事業場排出水自主管理要綱(新旧対照表) PDF形式(290KB)

県生活環境保全条例に係る上乗せ排水基準について


【問合せ先】                    電話
村山総合支庁環境課         023-621-8429
最上総合支庁環境課         0233-29-1286
置賜総合支庁環境課         0238-26-6035
庄内総合支庁環境課         0235-66-4744
環境エネルギー部水大気環境課  023-630-2339
 
 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報