ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 環境・リサイクル > 地球温暖化 > 平成30年度 冬の省エネ県民運動

平成30年度 冬の省エネ県民運動

 「家族団らん 心あったか 笑顔で省エネ」をスローガンに、暖房器具の使用等によりエネルギー消費が増加する冬期において、県民のみなさまに持続可能で自主的な省エネと節電の取組みを呼びかけています。

エコペン画像

冬の省エネ県民運動の概要

暖房の使用などによりエネルギー消費が増大する冬季において、温室効果ガス排出量削減に向け、県民総ぐるみによる省エネルギーの取組みを推進します。

実施期間

平成30年12月1日から平成31年3月31日(4か月間)

 

取組内容

  ○ 県民の健康及び経済活動の維持・向上を最優先に、県民生活や経済活動に無理のない範囲での知恵と工夫を活かした自主的な省エネ・節電の取組みを広く呼びかけます。
  ○ 最も寒くなる12月~2月の電気使用量の削減目安を平成25年度対比1%とします。
   ※ ただし、暖房等の室温管理に係る節電については、高齢者、乳幼児など健康に留意する必要がある方々や、
      県民生活の安全安心に直結する部門(病院、福祉施設、医薬品・食料品倉庫等)に関する事業者は除く。
    ※ また、生産活動等(農業、観光等を含む。)を行っている事業者等については、生産や営業に支障のない範囲内
             での効率的な電気使用に取組んでいただく。
 

   ◇ 冬の省エネ県民運動の概要PDFファイル 257KB

   ◇ 県民運動ポスターPDFファイル2.6MB
 

取組みの例(節電効果:一人1日あたりのCO2削減量の目安)

家族団らんによる取組み(使わない部屋の電気製品のスイッチOFF等)
  • 使用しない照明はこまめに消す。(蛍光ランプの場合)(▲2g)
  • テレビを見るときは画面を明るすぎないようにする。(液晶テレビの場合)(▲14g)
  • お風呂は間隔をあけずに入る。            (▲83g)
冬ならでは取組み、その他
  • 電気カーペットの設定温度を低め(強→中)に設定する。 (▲216g)
  • こたつを使用するときは設定温度を低め(強→中)に設定する。(▲57g)
  • 暖房は20℃設定または、いつもより1℃下げる。(石油ファンヒーターの場合)(▲54g)
  • 暖房の使用時間を1時間減らす。(石油ファンヒーターの場合)(▲84g)
  • 冷蔵庫にものを詰め過ぎない。              (▲23g)
    ※ 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド」等を参考に作成


※東北電力管内の電力使用状況については、こちら(東北電力ホームページ)をご覧下さい。

省エネ・節電に取り組む際には、以下のことに御注意ください

  • インフルエンザ等が流行する季節ですので、健康に留意して、無理のない範囲で取組みに御協力ください。
  • 高齢者や慢性の病気をお持ちの方などは、浴室・脱衣所・トイレなど、肌を露出する場所の温度管理(寒さ対策)には十分気をつけてください。
  • ガス・石油ストーブ等を使用される時は、窓を開けるなどして必ず換気をしてください。
  • 洗濯物や布団などは、ストーブの近くに置かないよう火事に注意してください。

家庭のアクションに参加しよう!!

家庭における省エネや節電の取組みを推進するため、『家庭のアクション』事業を実施しています。

参加方法は簡単!
チラシについているハガキに、実践している取組みをチェックして報告してください。
※応募チラシは、各市町村及び県総合支庁窓口に設置しています。
または、下記のお問合せ先までご連絡ください。

結果を報告された方の中から、抽選で県内企業から協賛いただいた賞品を進呈します。
抽選は3月(2月末日到着分対象)に行います。

☆ファックスでも報告できます。→ファックス:023-679-3389
☆インターネットからの報告もできます。→『家庭のアクション』報告ページ(外部サイトへのリンク)

節電特別賞

電力会社発行の「検針票」で今年と昨年同月の電気使用量を比較し、電気使用量を削減した場合には、『節電特別賞』にもご応募いただけます。
対象は11月から1月分のうちの1ヶ月分です。
報告ハガキと検針票の写しを封筒等に入れて提出してください
 

事業所のアクションについて

 県内事業所に対して省エネ・節電、エコドライブ等の取組みを呼びかけ、参加(登録)申請をいただく「山形県地球温暖化対策推進事業所登録制度」を実施しています。 登録事業所(者)には登録証を交付し、事業所(者)名や取組み内容を県ホームページで掲載します。また、取組結果は報告いただき、優良事業所(者)については表彰します。

 制度の詳細については、こちらをご覧ください。


   参加申請はこちら(山形県地球温暖化防止活動推進センターホームページへのリンク)

自動車のアクション

エコドライブの推進

県内自動車ディーラーの環境マイスターが来店時にエコドライブや省エネについてアドバイスを行っています。

電気自動車・急速充電器の普及、利用促進

電気自動車で巡る山形の旅を満喫していただくため。市町村「道の駅」等の電気自動車用急速充電器の設置や利用促進を図ります。
→山形県の電気自動車急速充電器の設置場所はこちらをご覧ください。

県民省エネ節電所

家庭・事業所から報告いただいた省エネ、節電の取組み結果や事例をホームページ上で分かりやすく表示(見える化)しています。
→詳しくは、「県民省エネ節電所」のページ(外部リンク)をご覧ください。

冬の省エネ川柳・標語コンテスト

冬は暖房機器の使用や照明の使用時間が長くなることから、エネルギーをたくさん消費する時期です。

この時期にあわせて、省エネ・節電の取組みを呼びかける川柳・標語を募集しています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

ウォームビズ・ウォームシェアに取り組みましょう

 県では、冬の省エネ県民運動の実施期間中において、ウォームビズの取組みを呼びかけています。
ウォームビズは、暖房時の室温を20℃(目安)で快適に過ごすライフスタイルです。
暖房に頼りすぎず快適に過ごすため、重ね着や保温グッズを取り入れたり、体をあたためる食べ物を食べたり・・・
ちょっとした工夫を心がけてみましょう。
 また、ウォームビズの一環として「ウォームシェア」にも取り組んでみませんか?
ウォームシェアとは、それぞれが暖房を使うのではなく、みんなで一つの部屋に集まることや、公共施設や店舗等に出掛けて、自宅等の個々のエネルギー使用を節約する取組みです。 

 

 《ウォームシェアの取組み例》

○ 家族がそれぞれの部屋で暖房を使うのではなく、一つの部屋で過ごす。

○ 家族・友人と集まって「鍋」を囲むなど食事を一緒にとる。 地元の食材を選べば、さらに省エネになります。

○ スポーツをしたり、飲食店などに出掛けて楽しむ。 たくさんの人が集まれば、まちも元気になります。

 環境省「5つ星家電買換えキャンペーン」「エコ住キャンペーン」

○ 統一省エネルギーラベルの星の数の多い家電や、LED照明に買い換えましょう!電気代もお得です。
       →詳しくは、こちらから。(環境省ホームページ)
    
○ 高断熱・省エネ住宅への買換え、省エネリフォームで、冬暖かく夏涼しい暮らしをしましょう!
       →詳しくは、こちらから。(環境省ホームページ)
 

断熱・省エネ住宅で快適に!

冬、暖房をしているのになかなか部屋が暖まらない…と感じていませんか?
暖房を使用していても、窓などの開口部から多くの熱が逃げてしまいます。
熱を外に逃がさないようにするためには、窓をはじめ外壁や床などの断熱性能を高めることが必要です。
住宅の断熱性能を向上させることで、熱を逃がさず快適に暮らせるだけでなく、
暖房によるエネルギー消費を抑えることができます。
 
○ 山形県省エネ木造住宅推進協議会では県内の断熱改修事例集を作成しています。
 
○  山形県のエコ住宅の情報はこちらから。(山形県地球温暖化防止活動推進センターのホームページ)

環境省「COOL CHOICEできるだけ1回で受け取りませんかキャンペーン」

 宅配便は、受け取る時間帯や受け取る場所の指定(宅配事業者の営業所、コンビニ)など、宅配事業者のサービスを利用し、できるだけ1回で受け取りましょう!
 

 オープン型宅配ボックスで受け取りませんか?

 環境省による「宅配便の再配達削減に向けた実証事業」が山形市内で行われています。
山形市内のスーパー等にどなたでも利用できるオープン型宅配ボックスを2月下旬まで設置しています。
この機会に利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ