ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 環境・リサイクル > 地球温暖化 > 平成30年度 夏の省エネ県民運動

平成30年度 夏の省エネ県民運動

 「早寝早起き 家族団らん 笑顔で省エネ」をスローガンに掲げ、エアコンの使用等により電力需要が高まる夏期において、県民のみなさまに無理のない範囲での省エネ・節電を呼びかけていす。エコペン単体

(c)YOC   笑顔で省エネ県民運動のマスコットキャラクターです

夏の省エネ県民運動の概要
《省エネ・節電の取組み》
省エネ川柳/ポスターコンテスト  
家庭のアクション
事業所のアクション
自動車のアクション
省エネ見える化推進事業

市町村等の取組み状況                                                                                           

                                                       

県民運動の概要

県民のみなさまの健康及び経済活動の維持・向上を最優先に、県民生活や企業活動に無理のない範囲での、知恵と工夫を活かした自主的な省エネの取組みを広く呼びかけています。

●実施期間 平成30年6月から9月
●取組内容 7月から9月の電力使用量の平成25年度対比1%を目安とする削減

 【取り組みの例】(節電効果:1日当たりの削減率の目安)

○家族団らんによる取組み(使わない部屋の電気製品のスイッチOFF等)
・照明(5灯分)の点灯時間を1時間減らす。      (0.7% 減)
・テレビを見る時間を1時間減らす。           (0.5% 減)
・エアコンの冷房時間を1時間減らす。          (1.8% 減)

○その他の取組み
・冷蔵庫の設定温度を「強」から「中」へ変更する。  (1.8% 減)
・冷蔵庫にものを詰めすぎない。             (1.3% 減)
・エアコンの冷房設定温度を27℃から28℃にする。  (0.9% 減)
・グリーンカーテン(ガラス窓、南側8㎡)を植える。   (1.8% 減)

※一般家庭の1ヵ月当たりの電気使用量を280kWhと想定
※参考 財団法人省エネルギーセンター「家庭の省エネ大百科」 等

夏の省エネ県民運動の概要:PDFファイル(249KB)
夏の省エネ県民運動ポスター:PDFファイル(882KB)
 ※東北電力管内の電力使用状況については、こちら(東北電力ホームページ)をご覧ください。

省エネ・節電の取組み

省エネ川柳/ポスターコンテスト

夏の省エネにまつわる川柳や標語、ポスターを募集しています。
素敵な賞品をご用意して、皆様からの楽しい作品をお待ちしております。

詳細はこちらをご覧ください。

家庭のアクションについて

 家庭における省エネや節電の取組みを推進するため、『家庭のアクション』事業を実施しています。

参加方法は簡単!
チラシについているハガキに、実践している取組みをチェックして報告してください。 パンフレット(1.9MB)はこちら

結果報告した方の中から、抽選で県内企業から協賛いただいた賞品を進呈します。  
抽選は11月(10月31日到着分対象)に行います。

☆FAXでも報告できます。→FAX:023-679-3389
☆インターネットからの報告もできます。→『家庭のアクション』報告ページ(外部サイトへのリンク)

《特別賞》
電力会社が発行する「検針票」で今年と昨年同月の電気使用量を比較し、電気使用量を削減した場合には、『特別賞』にもご応募いただけます。
対象は7月から9月分の中の1ヶ月分です。
報告ハガキと検針票の写しを封筒等に入れて提出してください

事業所のアクションについて

 省エネの取組みを実践する事業者への登録証の発行や実践事例の紹介等を行う「山形県地球温暖化対策推進事業所登録制度」を実施し、事業所の取組みを促進します。

自動車のアクションについて

  • エコドライブの普及推進

自動車ディーラーの環境マイスターが来店者にエコドライブに係る助言を行うとともに、「やまがたカーライフ・エコ」への登録の促進等によりエコドライブの実践を促進します。

  • 電気自動車、急速充電器の利用促進

夏の観光シーズンに合わせ、電気自動車で巡る山形の旅を満喫していただくため、市町村「道の駅」の電気自動車用急速充電器の設置や利用の促進を図ります。
※山形県の電気自動車用急速充電器の設置場所はこちらをご覧下さい。

山形県省エネ節電所(省エネ見える化推進事業)

「省エネ節電所」とは、県民の省エネ節電による余剰電力の積み上げで、発電所に相当する「省エネ節電所」が作られるという考え方です。
家庭や事業所より省エネ節電の取組みを報告していただき、そのデータを基に節電量を積算し、積み上げて、Webサイト上に仮想の「省エネ節電所」を稼動しています。

「山形県省エネ節電所」のページをご覧ください。

CO2削減/ライトダウンキャンペーン2018について

   「ライトダウンする夜は、みんなが地球を思う夜。」 

地球温暖化防止や節電意識の向上のため、6月21日(夏至の日)と7月7日(クールアースデー)に合わせ、家庭等でのライトダウンを呼びかけています。県内においても実施されます。ぜび、ご参加ください。

 

 環境省では、2003年から地球温暖化防止のため、ライトアップ施設や家庭の照明を消していただくよう呼び掛ける「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を実施してきました。
 6月21日から7月7日までの間、「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を実施するとともに、6月21日(夏至の日)と7月7日(クールアース・デー)両日の夜8時から10時までの2時間を特別実施日として設定し、全国のライトアップ施設や各家庭の照明の一斉消灯を呼び掛けています。

 

 クールシェアの取組みについて

「クールシェア」とは・・・

 夏の暑い日は、家庭での電気使用量の半分以上をエアコンが占めています。

 複数のエアコンの使用をやめ、一部屋に集まる工夫をしたり、図書館や商業施設、自然の多い涼しい場所に出掛けたりして涼をシェアするのが、「クールシェア」です。

 

◆ おうちでクールシェア

  例えば3台のエアコンをつけていたら2台を止め、一部屋に集まり家族団らんで過ごそう。

◆ ご近所でクールシェア

  自宅のエアコンを止め、ご近所のお宅に集まってご近所同士のコミュニティを深めよう。

◆ 自然でクールシェア

  木陰や水辺といった自然が多く涼しい場所に行き、ゆったりとした時間を過ごそう。

◆ まちでクールシェア

  図書館などの公共施設や商店街・カフェなど。身近で涼しい場所に集まって、楽しい時間を過ごそう。

 

クールシェアスポットの登録をお願いします

 クールシェアスポットとは、公園や図書館等の公共施設、商業施設など、気軽に集まって涼むことができる場所です。

 クールシェアの取組みに賛同いただき、登録への御協力をお願いします。

 

 クールシェアスポットの登録、検索は下記ホームページをご覧ください。

 シェアマップホームページ http://sharemap.jp/

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成30年7月2日 省エネ川柳/ポスターコンテストについて掲載
  • 平成30年7月9日 市町村等の取組み状況、クールシェアの取組みについて掲載

関連情報