ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 県土づくり > 下水道 > 山形県内の平成28年度末生活排水処理施設整備状況

山形県内の平成28年度末生活排水処理施設整備状況

1.生活排水処理施設普及率 : 91.2%

 

  • 生活排水処理施設で処理できる人口は、平成28年度末に101万人となりました。これを総人口に対する割合でみた生活排水処理施設普及率は、平成27年度末の90.8%から0.4ポイント増加し、91.2%となりました。
  • 今後、第三次山形県生活排水処理施設整備基本構想(平成28年3月策定、平成37年度末の生活排水処理施設普及率の目標96%)に基づき、引き続き未整備地域における整備促進を図ってまいります。
 
2.処理施設別普及率内訳

下水道

平成28年度末 76.0%

農業集落排水施設等

平成28年度末  7.3%

浄化槽

平成28年度末  7.9%

生活排水処理施設 計

平成28年度末 91.2%

 

 

 

 

 

 

 

平成28年度末各市町村別生活排水処理施設普及率(PDF:158KB)

 

 

【全国の汚水処理普及状況について】:国土交通省ホームページ

○報道発表資料:汚水処理人口普及率が90%を突破しました!(平成29年8月23日公表)

 

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2017-09-19更新

関連情報