ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 県土づくり > 交通政策 > 交通遺児激励事業

交通遺児激励事業

趣旨

山形県交通安全母の会連合会では、昭和46年から、不幸にして交通事故でお父さんやお母さんが亡くなられ、交通遺児となられたお子さんたちを励ますため、県民皆様の善意に訴え、交通遺児募金をお願いしております。この皆様からの募金と篤志家の皆様方からの御寄付をもとに、県内の交通遺児たちが、その逆境にめげずに勉学に励み、健やかに成長されることを願って、激励見舞金や勉学等奨励金等の給付を行っております。

皆様方の温かい善意をお待ちしおります。

事業概要

 県内に居住する満18歳まで(18歳に達した日の属する学年の末日まで)の者で、交通事故のため当該交通事故の発生の日から1年以内に父、母又は実質的に当該遺児を扶養していたものと認められる者を失った者若しくは当該事故のため父母等が生計を維持できない程度の心身障害になった者の子に対し激励金等を給付するものです。

 

給付内容  

①激励見舞金:遺児に対し、激励のため事故時に1回限り給付

②勉学等奨励金:遺児に対し、毎年1回給付

③入学祝金:小学校及び中学校に入学する遺児に対し給付

④卒業祝金:中学校を卒業する遺児に対し給付

⑤高等学校奨学金:高等学校(高等専門学校3年次までを含む)在学中の遺児に対し、毎年1回給付

 

給付金額

激励見舞金

遺児の発生した世帯1世帯につき50,000円を給付

ただし、遺児が複数ある場合は、2人目以降は1人につき

30,000円を加算して給付

勉学等奨励金

遺児1人につき年額35,000円を給付

入学祝金

該当する遺児1人につき30,000円を給付

卒業祝金

該当する遺児1人につき30,000円を給付

高等学校奨学金

該当する遺児1人につき年額60,000円を給付

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ