ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 県土づくり > 各種計画・指針・報告書等 > 河川整備基本方針・河川整備計画

河川整備基本方針・河川整備計画

 河川の整備計画制度について

 我が国の河川制度は、明治29年に洪水被害を軽減させる「治水」を目的に、初めての河川法が制定されました。
その後、昭和39年に水を上手に使うための「利水」という目的を加え、これまで水系一貫による河川整備が行われてきました。

 さらに近年、良好な河川環境の整備と保全、地域の風土と文化を生かした川づくりが求められ、平成9年に河川法が改正され、その目的に「環境」という考え方と「地域住民の意見を河川整備に反映させるための手続き」が定められました。

 具体的には、旧河川法により策定した工事実施基本計画で定めている内容を、河川整備基本方針(河川整備の基本となるべき方針に関する事項)と河川整備計画(具体的な河川整備に関する事項)に区分し、後者については、具体的な川づくりが明らかになるように工事実施計画よりもさらに具体化するとともに、地域の意向を反映する手続きを導入することになりました。 

(内容及び策定に係る流れ(PDF、74KB))

河川整備基本方針

 河川整備基本方針は、河川管理者(一級水系は国土交通大臣、二級水系は都道府県知事)が定めるものです。
 

山形県内の河川整備基本方針策定状況

一級水系  
  • 最上川水系   平成11年12月1日 国土交通省策定
  • 荒川水系     平成14年4月4日 国土交通省策定
  • 赤川水系     平成20年9月16日 国土交通省策定
二級水系

河川整備計画

河川整備計画は、河川整備基本方針に基づき河川管理者が定めるものです。

 

山形県内の河川整備計画策定状況 (山形県管理区間)

一級水系
二級水系

 

流域委員会等

河川整備計画の策定にあたり、河川法に定められた学識経験を有する者の意見を聴く会

 
最上川水系流域委員会

これまでの開催状況(国土交通省東北地方整備局山形河川国道事務所リンク)

 

皆様の想いをお寄せください 

 最上川ご意見箱.jpg (国土交通省東北地方整備局山形河川国道事務所リンク)

赤川水系学識者懇談会

これまでの開催状況(国土交通省東北地方整備局酒田河川国道事務所リンク)

荒川水系流域委員会

これまでの開催状況(国土交通省北陸地方整備局羽越河川国道事務所リンク)

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2013-3-1最上川村山圏域、赤川水系整備計画追加
  • 2014-6-20置賜圏域変更
  • 2018-2-1最上川ご意見箱追加

関連情報