ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 県土づくり > よくある質問 > 大規模な開発を伴って土地を取得する場合の事前指導とは

大規模な開発を伴って土地を取得する場合の事前指導とは

  大規模な開発を伴って用地を取得する場合において、あらかじめ、その取得予定者等からの申出があれば、国土利用計画法に基づく届出等の審査手続きを円滑に行えるよう事前指導を行うことが適当であるという観点から、県では「大規模土地取引等に係る事前指導要領」を定め運用に努めています。

  この要領では、国土利用計画法に基づき届出等をしなければならない土地売買のうち、次の面積以上のものについて、当事者の申出により、事前の指導、教示を行います。

  1. 都市計画区域 50,000平方メートル
  2. 都市計画区域以外の区域 100,000平方メートル
  3. 農地法第2条に規定する農地を40,000平方メートル以上含む場合
     なお、目的がゴルフ場である場合は、「山形県ゴルフ場開発指導要綱」により事前の指導、教示を行っています。

  詳しくは、県土整備部用地課にお問い合わせください。

  ●用地課 電話 023-630-2579

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ