ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 県土づくり > 水害・土砂災害・火山災害対策 > 平成30年度以降 山形県水防計画 を策定しました

平成30年度以降 山形県水防計画 を策定しました

山形県では,水防法第7条の規定に基づき、山形県水防協議会を開催し、平成30年度以降山形県水防計画を策定しました。
この計画は、洪水、津波又は高潮に際し、水災を警戒、防御及びこれによる被害を軽減し、公共の安全を保持するため、必要に応じて県下各河川、海岸等に対する水防上必要な監視、警戒、通信、連絡、輸送、ダム又は水門の操作、水防活動、水防管理団体間の協力及び応援、水防に必要な器具、資材及び設備の整備、運用について示したものです。

山形県水防計画は、下記ファイルよりご覧ください。

平成30年度以降 山形県水防計画

全文(計画編・資料編)(PDF 6.0MB)

計画編

 

表紙および目次(PDF 73KB)

 

第1章  総則(PDF 142KB)

第2章  県における水防組織(PDF 525KB)

第3章  指定河川及び水防区(PDF 142KB)

第4章  水防施設(PDF 129KB)

第5章  通信連絡(PDF 489KB)

第6章  予報及び警報とその措置(PDF 775KB)

第7章  水防活動(PDF 1.0MB)

第8章  浸水想定区域(PDF 84KB)

第9章  協力及び応援(PDF 57KB)

第10章 指定水防管理団体の水防計画(PDF 100KB)

第11章 水防訓練(PDF 117KB)

第12章 重要水防箇所(PDF 75KB)

 

資料編

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2018-07-20掲載

関連情報