ホーム > くらし・環境・社会基盤 > ボランティア・NPO > 公益 > 「2013年 やまがた公益大賞」の受賞団体について

「2013年 やまがた公益大賞」の受賞団体について

 平成25年9月9日(月)に「2013年 やまがた公益大賞」選考のための公開プレゼンテーションと審査が行われました。
 その結果、グランプリ等が決定し、10月18日(金)開催の「やまがたNPO活動促進大会」第1部において5団体に賞が授与されました。

 

「2013年 やまがた公益大賞」グランプリ

特定非営利活動法人ひらた里山の会(酒田市)

 ひらた里山の会

活動名

 酒田の孟宗竹/カキ棚支援プロジェクト

活動概要

 荒廃竹林を整備するとともに、その除間伐された孟宗竹をカキ養殖棚用資材として加工し、津波でカキ養殖棚がすべて流出した宮城県松島町の漁業協同組合に提供する活動を行っている。また、資材加工の際に生じた笹枝については、竹炭にし、燃料や土壌改良剤等として有効活用している。

「2013年 やまがた公益大賞」

特定非営利活動法人かほく冷たい肉そば研究会(河北町)

かほく冷たい肉そば研究会

活動名

 食を通したまちおこし、まちづくり活動

活動概要

 郷土食である「冷たい肉そば」で、県内外のイベントに出展し、河北町及び山形県のPR活動を実施している。ご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」に山形県から初めて出展したほか、地元小中学生を対象に調理実習等行うなどの食育事業への協力や、食を通してまちおこしを行う県内の団体が加盟する「山形ご当地グルメまちづくり協議会」を設立し、まちおこし団体への支援活動を行っている。

 

赤湯生き方まっすぐネットワーク協議会(南陽市)

赤湯生き方まっすぐ

活動名

 地域の絆で子供の安全・犯罪抑止を図る活動

活動概要

 「赤湯まっすぐ見守り隊」を組織し、児童生徒の下校時の見守り活動等を実施するとともに、毎年、小・中学校の通学路の危険箇所や有害環境の有無等について点検し、機関紙を通じて子どもや住民への注意喚起を行っている。また、小・中学校だけでなく、幼稚園、保育園や保護者を対象として、不審者対応教室や非行防止教室等を開催している。

 

えき・まちネットこまつ(川西町)

えきまちネット

活動名

 羽前小松駅を中心にしたまちづくり

活動概要

 駅舎内で住民の憩いの場とする「和みCafé」や置賜地区の鉄道を利用したスタンプラリーを開催するとともに、「山形かわにし綾プロジェクト」を立ち上げ、高校生のチャレンジショップ「ぼーの」や若者のまちなかカフェ「こまつ屋」を運営している。さらに、中心市街地活性化のため、駅前を活用した朝市「駅前マルシェ」などを開催している。

 

特定非営利活動法人子ども支援フェイスブックプロジェクト(山形市)

フェイスブックプロジェクト

活動名

 週末寺子屋~子ども大学~

活動概要

 福島県等からの避難世帯の小・中学生を対象に、毎週末、大学教員や地元住民、学生ボランティアが補助者となり、3時間の学習支援の会を実施し、さらに同時間帯には、保護者同士の交流会や臨床心理士による相談会を開催している。その他、子どもたちの話し相手や居場所づくりとしても機能するよう、書道教室や理科実験教室等の様々なプログラムを実施している。

 

※顕彰区分「やまがた公益大賞」の団体名は、応募順に記載しています。

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成25年10月30日 掲載

関連情報