ホーム > くらし・環境・社会基盤 > ボランティア・NPO > ボランティア・NPO活動 > 山形県災害ボランティア情報

山形県災害ボランティア情報

【研修会】

  山形県災害ボランティアセンター運営研修会【スキルアップ編】の開催について(募集は締め切りました)

  (H26.12.12(金)・県社会福祉協議会)

  開催要綱(PDF:249.9KB) 参加申込書(zip:8.5KB

 

  山形県災害ボランティアセンター運営研修会【基礎編】」の開催について(募集は締め切りました)

  (H26.11.6(木)・県社会福祉協議会)

  開催要綱(PDF:139.5KB) 参加申込書(zip:8.6KB)

 

【東日本大震災関係情報】
「復興ボランティア支援センターやまがた」活動中!!
  復旧・復興に向けて支援をされている方々の情報や活動の拠点として、平成23年8月8日にオープンしました。

 運営主体は、「つながろう!ささえあおう!復興支援プロジェクトやまがた」(NPO法人山形の公益活動を応援する会・アミル、NPO法人Yamagata1、山形県環境エネルギー部危機管理・くらし安心局危機管理課復興・避難者支援室、山形県企画振興部県民文化課で構成する協議体)です。

  詳しい活動内容はセンターのHPでチェック↓
  復興支援センターやまがたバナー

 

 
山形県災害ボランティア活動支援指針の策定について

 大規模な災害が起こった時に、被災者の多様で膨大なニーズに応えるためには、行政のみでは十分な対応が困難であり、柔軟に対応できるボランティアとの連携が必要不可欠です。

 平常時から、県域や市町村域ごとに関係者でネットワークを組み、防災意識の啓発を図りながら、災害時にはボランティアセンターを設置し、ボランティアを受け入れる体制を整備する必要があります。

 このため、「山形県災害ボランティア活動支援指針」を作成し、平常時からの必要な取組み内容や、災害時に設営される災害ボランティアセンター及び県災害ボランティア支援本部の在り方を示しています。

 「山形県災害ボランティア活動支援指針(平成28年3月改訂)」(PDF231KB)

山形県災害ボランティア支援ネットワーク連絡会(山形県災害ボランティア支援本部)について

1 目的
  今後県内でも発生が懸念される大規模災害から早期復興を図るためには、ボランティアやNPO等と連携した対応策を講じる必要があります。
  このため、山形県災害ボランティア支援ネットワーク連絡会を18年度に設置し、平常時から、災害に備えたボランティアやNPO間の横断的なネットワークの形成に向け取り組んでいます。
 
 2 活動内容
   ①山形県災害ボランティア支援本部の設営シミュレーションの実施
   ②災害支援ボランティアの普及啓発
   ③災害ボランティアセンターの設置・運営に係る体制づくり・人づくり
   ④県外災害支援NPOや隣県とのネットワーク構築 など
 
 3 連絡会の構成
   ・山形県(県民文化課、危機管理課、地域福祉推進課、総合支庁)
   ・社会福祉法人山形県社会福祉協議会
   ・ウェザーハート災害福祉事務所
   ・特定非営利活動法人Yamagata1
   ・公益社団法人日本青年会議所東北地区山形ブロック協議会
   ・日本赤十字社山形県支部
   ・社会福祉法人山形県共同募金会
 
 4 山形県災害ボランティア支援本部の活動
   東日本大震災の発生を受け、連絡会構成員による支援本部を立ち上げました。
   また、平成25年、26年の大雨に伴い、連絡会構成員による支援本部を立ち上げました。

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成25年11月22日 研修会情報を掲載
  • 平成25年8月23日 研修会情報を掲載
  • 平成25年7月5日 更新
  • 平成26年6月17日 更新
  • 平成26年10月14日 更新
  • 平成26年11月20日 更新
  • 平成27年2月3日 更新
  • 平成28年3月 更新

関連情報