ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 食生活・消費生活・住まい > 建築 > コンテナを利用した倉庫は建築物です

コンテナを利用した倉庫は建築物です

 継続的に倉庫として利用し、随時かつ任意に移動できないコンテナは、建築基準法第2条第一号に規定される「建築物」であり、同法第6条に規定される「建築確認申請」が必要です。「建築物」は、基礎を設け、地震、台風その他の振動、衝撃や積雪荷重に対して安全性を確保しなければならず、「建築確認申請」でそれらの基準に適合していることを確認します。

 また、都市計画で定められた市街化調整区域や第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域及び第一種中高層住居専用地域では、原則としてコンテナを倉庫として設置することができません。

 コンテナを倉庫として利用したい場合は、建設地を所管する各総合支庁建築課(山形市、米沢市、鶴岡市、酒田市、天童市の場合は各市の建築担当部局)に事前に相談してください。

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成27年1月

関連情報