ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 自然保護 > 野生生物 > 大型野生動物生息動向調査(平成25年度~)

大型野生動物生息動向調査(平成25年度~)

 1 調査の目的

 山形県では、本県に新たに流入しているイノシシやニホンジカをはじめとする大型野生動物の生息・分布動向や被害状況等を把握・分析するとともに、被害対策の効果検証に資するため、平成25年度から山形大学農学部に委託して標記の調査を実施しています。

2 調査の概要

(1) 大型野生動物モニタリング調査

 ニホンジカ、イノシシ、ニホンザル、カモシカ、ツキノワグマ、ハクビシン、アライグマを対象に、積雪量の少ない日本海沿いに北上することによる分布拡大と朝日山地を経由した西への分布拡大の状況を把握するため、庄内地域(鶴岡市域)に自動撮影カメラによる調査区を設けて生息動向を調査しています。

○調査区(モニタリングサイト)の設置

・朝日山地から連続する鶴岡市南部の山林から市街地周辺の山林にかけて、1km四方の調査区(モニタリングサイト)を、日本海側の山林に4箇所、内陸側に3箇所、6~10km程度の間隔で設置
・野生動物の生息に好適な広葉樹林を中心に設置場所を設定

○自動撮影カメラの設置

・赤外線による夜間撮影が可能な自動撮影カメラを、各モニタリングサイトに(1km四方あたり)4台、計28台設置

○設置期間及び各調査区ごとの対象哺乳類の撮影機会数

平成25年度 平成25年9月11日~11月17日 

平成26年度 平成26年5月10日~11月17日
平成27年度 平成27年5月14日~11月17日

○平成25年度から平成27年度における調査結果と考察

【平成25年度~平成27年度の撮影機会の推移(表1-1)

① ニホンジカ

・3年間にわたる調査を通じて、7サイト中6サイトで確認され、庄内南部一帯を生息地として利用していることが明らかとなりました。

・平成25年と26年度はいずれも秋期の出現で、オスが、メスを求めて移動・分散する交尾期に撮影されましたが、平成27年度は、交尾期よりも早い6月に撮影されており、鶴岡市中心街に隣接する山林で越冬する個体が出現しはじめている可能性があります。

② イノシシ

・イノシシの出現は確認されませんでした。(山形大学で実施しているモニタリング調査では、鶴岡市関川地区と本調査の対象地である金峰山に隣接する山林において確認されています。)

③ ツキノワグマ

・平成27年度は、里に近い調査サイト(特に熊出サイトと堀切サイト)においてクマの撮影機会が昨年度と比較して顕著に減少しており、ブナの大豊作との影響が考えられます。

④ カモシカ

・カモシカの撮影機会は、三瀬サイトと温海岳サイトにおいて、昨年度と比較して減少する傾向がみられました。人為的な森林伐採が、カモシカの生息地利用に変化を与えた可能性が考えられます。

⑤ ニホンザル

・熊出サイトにおけるサルの撮影機会数は大きく増加しました。農作物依存度の変化が撮影機会数に影響を与えた可能性があります。

⑥ ハクビシン

・平成27年度は、昨年度と比較してハクビシンの撮影機会数が増加した要因として、当該種の行動圏内の餌資源量が変化したために行動様式を変化させた可能性も考えられます。

(2) 大型野生動物の分布に関するアンケート調査

 県では、県内における大型野生動物の生息状況や被害状況等を包括的に把握するため、平成26年度から、県内全市町村を対象に野生動物の目撃情報や被害対策に関するアンケート調査を実施しています。

○結果概要

① ニホンザル

・5㎞メッシュデータにおける分布状況は、平成26年の123メッシュから24メッシュ減少し、平成27年は99メッシュとなりましたが、市町村別の目撃情報では、昨年度は目撃情報がなかった酒田市、最上町、庄内町、遊佐町で新たに目撃情報が寄せられました。

② ニホンジカ

・5㎞メッシュデータにおける分布状況は、平成26年の17メッシュから5メッシュ増加し、平成27年は22メッシュとなりました。市町村別の目撃情報においても、昨年度は目撃情報がなかった県東部の市町村において、新たに目撃情報が寄せられました。

③ イノシシ

・5㎞メッシュデータにおける分布状況は、平成26年の52メッシュから10メッシュ減少し、平成27年は42メッシュとなりました。しかし、市町村別の目撃情報においては、昨年度は目撃情報がなかった庄内地域において、新たに目撃情報が寄せられました。

④ ツキノワグマ

・昨年度と変化がなく、三川町を除く、県内すべての市町村について、分布が確認されました。

⑤ ハクビシン

・5㎞メッシュデータにおける分布状況は、平成26年の133メッシュから64メッシュ減少し、平成27年は69メッシュとなりました。一方、昨年度は分布が確認されなかった中山町で新たに個体が確認されました。

⑥ アライグマ

・アンケート調査から過去に最上町と高畠町で目撃情報がありました。(ただし、両町ともに、アライグマを確認した箇所は特定できなかったため、5㎞メッシュデータ上で、確認された箇所を示すことはできませんでした。)

○市町村アンケート集約結果

・グーグルアースによるアンケート結果については、山形大学農学部のホームページによりご覧いただけます。【山形大学農学部】

 

・平成26年度のアンケート集約結果は次の地図データをご覧ください。【平成26年度のみ】

注)リンク先に表示される地図データは、委託先(山形大学農学部)が作成したGISデータベースを山形県ホームページ公開用に編集したものです。

 

(3)野生哺乳類による農作物被害の軽減を目的とした緩衝帯の有効性の検証

野生動物の生息地と人の生活圏の「棲み分け」を目的に、本県において実施されている緩衝林整備事業について、効果の検証を行いました。

(調査報告書参照)

3 調査報告書

 本調査の委託先(山形大学農学部)から提出された報告書は次のとおりです。 

【平成25年度】(PDFファイル2.15MB)  【平成26年度】(PDFファイル4.24MB)  【平成27年度】(PDFファイル2.61MB)

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成26年7月22日掲載

関連情報