現在の場所:
ホーム  »  組織で探す

組織で探す

現在、組織改編に伴い、旧所属から新所属へのコンテンツ移動作業を行っています。

旧所属のコンテンツをご覧になる方は、旧所属一覧からご覧ください。

部局名をクリックすると各部の所属一覧に移動します。

総務部(各所属の担当業務はこちら)

所属名をクリックすると各所属トップページにリンクします。

上に戻る

企画振興部(各所属の担当業務はこちら)

所属名をクリックすると各所属トップページにリンクします。

上に戻る

環境エネルギー部(各所属の担当業務はこちら)

所属名をクリックすると各所属トップページにリンクします。

危機管理・くらし安心局

上に戻る

子育て推進部(各所属の担当業務はこちら)

所属名をクリックすると各所属トップページにリンクします。

上に戻る

健康福祉部(各所属の担当業務はこちら)

所属名をクリックすると各所属トップページにリンクします。

上に戻る

商工労働観光部(各所属の担当業務はこちら)

所属名をクリックすると各所属トップページにリンクします。

観光経済交流局

上に戻る

農林水産部(各所属の担当業務はこちら)

所属名をクリックすると各所属トップページにリンクします。

上に戻る

県土整備部(各所属の担当業務はこちら)

所属名をクリックすると各所属トップページにリンクします。

上に戻る

村山総合支庁(各所属の担当業務はこちら)

所属名をクリックすると各所属トップページにリンクします。

総務企画部

保健福祉環境部

産業経済部

建設部

上に戻る

最上総合支庁(各所属の担当業務はこちら)

所属名をクリックすると各所属トップページにリンクします。

総務企画部

保健福祉環境部

産業経済部

建設部

上に戻る

置賜総合支庁(各所属の担当業務はこちら)

所属名をクリックすると各所属トップページにリンクします。

総務企画部

保健福祉環境部

産業経済部

建設部

上に戻る

庄内総合支庁(各所属の担当業務はこちら)

所属名をクリックすると各所属トップページにリンクします。

総務企画部

保健福祉環境部

産業経済部

建設部

上に戻る

東京事務所(事務所トップページはこちら)

首都圏における広報、各省庁その他の関係機関との連絡調整、企業誘致、観光物産の紹介及び農産物の流通対策等の業務を行っているほか、「山形県Uターン情報センター」も設置し、山形へのU・Iターンの相談等も行っています。

上に戻る

会計局(各所属の担当業務はこちら)

所属名をクリックすると各所属トップページにリンクします。

上に戻る

企業局(各所属の担当業務はこちら)

所属名をクリックすると各所属トップページにリンクします。

上に戻る

病院事業局(各所属の担当業務はこちら)

所属名をクリックすると各所属トップページにリンクします。

上に戻る

県議会事務局(各所属の担当業務はこちら)

所属名をクリックすると各所属トップページにリンクします。

上に戻る

教育委員会(各所属の担当業務はこちら)

所属名をクリックすると各所属トップページにリンクします。

上に戻る

公安委員会(委員会トップページはこちら)

県民を代表する立場で、県警察の活動が適切に行われるよう管理しています。

上に戻る

警察本部(各所属の担当業務はこちら)

所属名をクリックすると各所属トップページにリンクします。

各警察署

上に戻る

選挙管理委員会事務局(事務局トップページはこちら)

選挙の適正な執行や明るくきれいな選挙の実現のための啓発などの仕事をします。

上に戻る

監査委員事務局(事務局トップページはこちら)

県の財務事務や事業が、適正かつ効率的に行われているかを監査する仕事をします。

上に戻る

人事委員会事務局(事務局トップページはこちら)

県職員・警察官などの採用試験の実施、給与勧告、公平審査や勤務条件関係などの仕事をします。

上に戻る

労働委員会事務局(事務局トップページはこちら)

不当労働行為の救済申立審査、労使紛争のあっせんなどの仕事をします。

上に戻る

収用委員会事務局(事務局トップページはこちら)

公共の利益と私有財産の調整を図るために、公正中立な立場で、起業者と土地所有者及び関係人の主張について、最終的な決定(裁決)をします。

上に戻る

内水面漁場管理委員会事務局(事務局トップページはこちら)

県内の河川や湖沼など、内水面における水産動植物の採捕や増殖などに関する事項を処理しています。

上に戻る

海区漁業調整委員会事務局(事務局トップページはこちら)

漁場計画の作成、漁業調整規則の制定、漁業権の免許、その他漁業権に関する知事からの諮問について審議し、知事に対して答申を行います。また、委員会自らが知事に対して積極的に働きかける建議を行ったり、水産動植物の採捕に関する制限、禁止等の指示を発動することもあります。

上に戻る