ホーム > 組織で探す > 選挙管理委員会 > 選挙制度 > 衆議院小選挙区の区割りの改定等について

衆議院小選挙区の区割りの改定等について

衆議院議員小選挙区の区割りが変更されました

  
 衆議院議員小選挙区の区割りが17都県42選挙区で変わります。

 このうち、5つの県(福井県、山梨県、徳島県、高知県、佐賀県)で定数が1減少します(0増5減。衆議院議員小選挙区の総数は300から295へ減少。)

 なお、山形県内の小選挙区については、定数・区割りとも変更ありません。

 この変更は、平成25年7月28日以後初めてその期日を公示される衆議院議員総選挙から適用されます。

 詳細な情報については、下記の総務省ホームページをご覧ください。

  衆議院小選挙区の区割りの改定等について(総務省ホームページへのリンク)


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ