ホーム > 組織で探す > 議会事務局 > 議事調査課(政策調査室) > 県議会トピックス > 県議会トピックス

県議会トピックス

 

 

新副議長に小野幸作議員を選出

 平成30年2月定例会最終日の3月16日(金)に副議長選挙が行われ、第63代副議長に小野幸作議員(寒河江市選挙区)が選出されました。

 
小野副議長 

本会議場で挨拶する小野幸作新副議長

 

 

政策提言(平成29年度)について

 平成30年3月15日(木)、知事に対して政策提言を行いました。
 今年度の政策提言の取りまとめにあたっては、喫緊の県政課題に着目し、「子ども・若者支援対策」、「県土強靭化・危機管理対策」、「産業振興・雇用対策」の3つの特別委員会を設置し、研修会や先進事例の調査及び委員間討議などを積極的に行いながら、幅広い角度から審査・調査を行いました。
 これらの審査・調査の結果を踏まえ、議会の総意として「将来を担う子ども・若者を育成するための支援対策の充実」、「安全で活力ある社会を実現するための県土強靭化・危機管理対策の推進」及び「力強い経済発展を推進するための産業振興・雇用対策の強化」の3つの政策提言を取りまとめました

 
   ○ 平成29年度の政策提言は こちら(PDF 1.2MB)

  ○ 平成28年度の政策提言に対するフォローアップ(執行部の取組状況)は こちら(PDF 685KB)

 

提言書手交 

吉村知事に対し、政策提言を手渡す志田議長(写真左)

 

  

広報・広聴委員会が協議結果を議長に報告

 平成30年3月13日(火)、広報・広聴委員会が、平成29年度における協議結果を志田議長に報告しました。
 広報・広聴委員会は、「身近な県議会」を目指し、県議会の活動を広く県民に伝えるとともに、県民の声を広く聴き、一層、県民に県議会を身近に感じてもらう方策を検討するため協議を重ねながら、平成29年度は、高校生などの若者に県議会を身近に感じてもらい、主権者としての政治参加意識の醸成を図ることを目的に、「生徒・学生と県議会議員との意見交換会」の開催や「県議会ナビ」の発行に取り組んだほか、新たな取組みとして、県内の児童、生徒、学生の作品を展示するスペース「県議会ギャラリー」の提供を開始するなど、幅広い県民に県議会を身近に感じてもらうための取組みを展開しました。
 
   ○ 平成29年度山形県議会広報・広聴委員会報告書 (PDF 1.9MB) 

 

広報報告 

志田議長(写真右)に報告書を手渡す島津委員長(同左)

 

山形県議会危機管理マニュアル(第二版)を策定

 山形県議会危機管理マニュアルを改訂し、山形県議会危機管理マニュアル(第二版)を策定しました。
 昨年12月18日に策定した「第一版」では、災害対応の基本的な部分を定めましたが、「第二版」は、より実践的なマニュアルとするため、危機管理委員会の開催や災害時における議員活動の基本原則など新たな項目を追加したものです。
 3月2日(金)、田澤伸一委員長から志田英紀議長に検討結果が報告され、7日(水)の議会運営委員会において、山形県議会危機管理マニュアル(第二版)の策定が決定しました。

 

 山形県議会危機管理マニュアル策定委員会検討結果報告書(最終)(PDF 2.4MB

 山形県議会危機管理マニュアル(第二版)(PDF 2.1MB

 

 マニュアル

 志田英紀議長(左から2番目)に報告書を手渡す田澤伸一委員長(左から3番目)

 

平成30年2月定例会が開会

 平成30年2月19日(月)、県議会2月定例会が開会し、総額6,051億4,300万円の平成30年度一般会計当初予算案など95議案が知事から提出されました。
 会期は3月16日(金)までの26日間です。代表質問は2月26日(月)、一般質問は2月27日(火)並びに2月28日(水)及び予算特別委員会は3月2日(金)、3月5日(月)並びに3月6日(火)に行われます。

 どなたでも傍聴できますので、お気軽にお越しください。また、インターネットでも中継していますのでご覧ください。
  

 ○  2月定例会の概要(議会日程)は こちら

 ○  インターネット中継は こちら

 

 3002開会

 開会日(2月19日)の議場の様子

 

県政の重要課題に関する意見交換会を開催

 平成30年2月6日(火)、県議会からは議員11名が出席し、東京都内で「県政の重要課題に関する意見交換会」を開催しました。県政の喫緊の課題について、国の制度改正及び新たな事業施策の展開や方向性等を把握し、議会における審議の充実や政策提言等への適時、的確な反映を目的に、テーマごと2つの分科会に分かれ意見交換を行いました。
 

第1分科会

○ テーマ
   「地域振興に向けた鉄道の整備について」
○ 関係府省等からの出席者
   国土交通省 鉄道局 幹線鉄道課 課長補佐 沖本俊太朗 氏
   東日本旅客鉄道株式会社 総合企画本部 投資計画部 次長 佐々木敬介 氏 他1名
○ 県議会議員
   今井榮喜 議員(座長)、柴田正人 議員、矢吹栄修 議員、石黒覚 議員、平弘造 議員
   ※ 志田英紀 議長はフリーな立場で両分科会に出席

 

第1分科会

第1分科会の様子

 

第2分科会

○ テーマ
   「新たな世界最先端技術を核とした新産業創出に向けた支援について」
○ 関係府省からの出席者
   経済産業省 経済産業政策局 地域経済産業グループ 地域企業高度化推進課 課長補佐 山田 純市 氏 他9名
○ 県議会議員
   野川政文 議員(座長)、関 徹 議員、松田敏男 議員、加賀正和 議員、金澤忠一 議員
   ※ 志田英紀 議長はフリーな立場で両分科会に出席
   

第2分科会 

第2分科会の様子

 

 

生徒・学生との意見交換会を開催

 県議会では、平成27年6月の公職選挙法改正による選挙権年齢の引下げを機に、生徒・学生が県議会を身近なものとして感じ、主権者として政治参加意識の醸成を図ることを目的として、生徒・学生と県議会議員との意見交換会を開催しています。
 平成29年度は、11月上旬までに実施した6校に加え、11月21日(火)に山形養護学校及び山形大学、11月30日(木)に鶴岡工業高等専門学校、12月1日(金)に東北文教大学、12月14日(木)に山形城北高等学校、12月25日(月)に山形工業高等学校の生徒・学生と活発な意見交換を行いました。
 
 平成29年度の開催状況は、こちらをご覧ください。
 

291121山形大学

山形大学学生との意見交換会の様子

 

291130鶴岡高専

鶴岡工業高等専門学校学生との意見交換会の様子

 

291201東北文教大学    

東北文教大学学生との意見交換会の様子

 

291214山形城北高

山形城北高等学校生徒との意見交換会の様子

 

291225山形工業高

山形工業高等学校生徒との意見交換会の様子

 

北朝鮮の漂流・漂着船等に関する緊急要望活動を実施(北海道・東北六県議会議長会)

 平成29年12月27日(水)、北海道・東北六県議会議長会(会長:鶴田有司 秋田県議会議長)は、海上保安庁及び自由民主党に対し、日本海沿岸各地に北朝鮮からと見られる木造船の漂流・漂着等が相次いでいることに関して、沿岸住民や漁業者等の不安の早期解消などを図るため、「関係機関の連携により海上・沿岸警備を強化徹底すること」、「地元自治体及び漁業者等に対し、迅速かつ正確な情報を提供すること」、「日本海における違法操業の取締りを強化徹底すること」などを要望しました。

 

 要望書「日本海沿岸部への北朝鮮の漂流・漂着船等に関する緊急要望」(PDF145KB

 

 海上保安庁への要望

 海上保安庁花角次長(右)に要望する志田議長(左)

 

 自民党への要望

 自由民主党対北朝鮮総合対策検討プロジェクトチーム阿達事務局長(右から2番目)に要望する志田議長(左)

 

 

「北朝鮮からの漂流・漂着船等に対する沿岸住民等の不安の早期解消を求める意見書」を海上保安庁に提出

 平成29年12月27日(水)、志田英紀議長が、海上保安庁を訪問し、花角次長に意見書を手渡しました。

 面談の席で、志田議長は、本県においても、海岸に漂着した木造船付近から遺体が発見されており、沿岸住民等が大きな不安を抱えている現状を説明し、不安の早期解消を図るため、「関係省庁の連携により海上・沿岸警備の強化を図り、水際対策を徹底すること」、「不安払拭のために地元自治体及び漁業者に対して、迅速かつ正確な情報を提供すること」、「日本海における違法操業への徹底した取締りを強化すること」などを要望しました。

 

 意見書は、こちら(PDF100KB)をご覧ください。

 

 意見書提出

 海上保安庁花角次長(右)に意見書を提出する志田議長(左) 

 

 

山形県議会危機管理マニュアルを策定

 大規模災害発生時等の県議会の初動対応について定めた、山形県議会危機管理マニュアルを策定しました。
 山形県議会危機管理マニュアルについては、今年10月に設置された山形県議会危機管理マニュアル策定委員会において、8回にわたり委員会を開催して検討を重ねてきました。
今月15日(金)、田澤伸一委員長から志田英紀議長に検討結果が報告され、18日(月)の議会運営委員会において、山形県議会危機管理マニュアルの策定が決定しました。


   ○ 山形県議会危機管理マニュアル策定委員会検討結果報告書(PDFファイル形式1.9MB)

  ○ 山形県議会危機管理マニュアル(PDFファイル形式1.8MB)

 

291215危機管理マニュアル 

志田議長(左から2番目)に報告書を手渡す田澤委員長(左から3番目)

 

  

財政基盤強化対策県における税財源確保と社会資本の整備促進を要望

 財政基盤強化対策県議会議長協議会(会長:志田 英紀 山形県議会議長)は、財政力の低い県の県議会の連携により、財源確保、地域格差の是正を図り、地域住民の生活安定及び福祉の向上に努めることを目的に、17県で構成されています。

 平成29年12月14日(木)、「税財源確保と社会資本の整備促進」について、総務省及び自由民主党を訪問し、要望活動を行いました。

  

 要望書は、こちら(PDF 288KB)をご覧ください。 

 

 291214財政基盤 総務省 

 総務省 野田総務大臣(中央)に要望書を手渡す志田議長(会長)(中央右)

 

 291214財政基盤 自由民主党

 自由民主党 新藤政務調査会長代理(中央右)に要望書を手渡す志田議長(会長)(右)

     

平成29年12月定例会が開会

 平成29年12月5日(火)、県議会12月定例会が開会し、平成28年度山形県一般会計歳入歳出決算など16決算、4議案が認定・可決されるとともに、一般会計補正予算案など39議案が知事から提出されました。

 また、委員会発議として「北朝鮮による度重なる弾道ミサイル発射及び核実験に厳重抗議し、実効性のある安全確保対策の早急な実施を求める意見書」案が提出され、可決されました。

  定例会の会期は12月22日(金)までの18日間です。代表質問は12月8日(金)、一般質問は12月11日(月)、予算特別委員会は12月13日(水)、12月14日(木)及び12月15日(金)に行われます。どなたでも傍聴できますので、お気軽にお越しください。また、インターネットでも中継していますのでご覧ください。
  

 ○  12月定例会の概要(議会日程)は こちら

 ○  インターネット中継は こちら

 

 2912開会

 開会日(12月5日)の議場の様子

 

 

道路の整備等に関する国土交通省等との意見交換会及び要望活動を実施

 平成29年11月14日(火)、東京都内で、日本海沿岸東北自動車道建設促進青森・秋田・山形・新潟四県議会協議会、東北中央自動車道建設促進秋田・山形・福島三県議会協議会(会長:山形県議会議長 志田英紀)の主催により、国土交通省と東日本高速道路(株)から幹部職員を招き、道路の整備等に関する意見交換会を行いました。

 意見交換会の後、国土交通省、県選出国会議員等に対し、日本海沿岸東北自動車道・東北中央自動車道の整備促進、羽越・奥羽本線等の高速化促進について、各県の県議会議員が分担して要望活動を行いました。

  

  ◎ 日本海沿岸東北自動車道の建設促進の要望書(PDFファイル形式273KB)
  ◎ 東北中央自動車道の建設促進の要望書(PDFファイル形式90KB)
  ◎ 羽越・奥羽本線等の高速化促進の要望書(PDFファイル形式408KB)

    

 H29道路関係意見交換会写真

 意見交換会の様子

 

  

第17回都道府県議会議員研究交流大会に参加

 平成29年11月13日(月)、東京都内において、第17回都道府県議会議員研究交流大会が開催され、本県議会から議員10名が参加しました。京都大学名誉教授の大石眞氏から、「いわゆる二元代表制における議会の意義と機能」のテーマで基調講演をいただいた後、5つの分科会に分かれ、「議会改革の推進」「議会の政策立案機能の強化」などのテーマについて、活発な議論を行いました。

  

291113 全議研究交流大会 

大会の様子
 

生徒・学生との意見交換会を開催

 県議会では、平成27年6月の公職選挙法改正による選挙権年齢の引下げを機に、生徒・学生が県議会を身近なものとして感じ、主権者として政治参加意識の醸成を図ることを目的として、生徒・学生と県議会議員との意見交換会を開催しています。
 平成29年度は、先に紹介した山形電波工業高等学校、山形市立商業高等学校を皮切りに、これまで、7月12日(水)に羽黒高等学校、7月18日(火)に白鷹高等専修学校、10月30日(月)に左沢高等学校及び11月6日(月)に東北公益文科大学において、活発な意見交換を行ったところです。
 

羽黒高校

羽黒高等学校生徒との意見交換会の様子

    

白鷹専修 

白鷹高等専修学校生徒との意見交換会後の記念撮影

    

左沢高校 

左沢高等学校生徒との意見交換会の様子

  

  公益大 

 東北公益文科大学学生との意見交換会の様子

 

 

山形県議会危機管理マニュアル策定委員会を設置

 平成29年10月11日(水)に、「山形県議会危機管理マニュアル」案の策定についての協議を行うため、山形県議会危機管理マニュアル策定委員会を設置しました。

  

291011危機管理委員会 

後列左から 柴田正人委員、小松伸也委員、矢吹栄修委員、髙橋啓介委員
前列左から 奥山誠治委員、田澤伸一委員長、石黒覚副委員長

  

議場演奏会と議会見学会を開催

 県議会では、県民の皆さんに議場に足を運んでいただき、県議会を身近に感じていただくために、平成29年10月3日(火)に、山形交響楽団による演奏会と議会見学会を併せて開催しました。

 104人の県民の皆さんが参加し、県議会の仕組みや役割について学んだほか、議場の見学や予算特別委員会を傍聴し、最後は、議場で山形交響楽団による弦楽合奏を鑑賞しました。

 参加した皆さんからは、「県民生活に大切な事が議論され、施策が決定される場を見学することができ、議会が身近に感じた」、「今度は傍聴のため来場したい」といった感想が寄せられました。

 

 議場演奏会

 議場演奏会の様子

 

 概要説明

 県議会の概要説明の様子

 

 議会見学会

 議場見学の様子

 

フル規格新幹線の整備促進に向けた研修会を開催

 平成29年10月2日(月)、県議会主催で、四国経済連合会の石原俊輔 専務理事を講師に迎え、フル規格新幹線の整備促進に向けた研修会を開催しました。四国経済連合会が代表事務局を務めている四国新幹線整備促進期成会における四国新幹線の実現に向けた取組みについて講演をいただいた後、同席いただいた四国経済連合会の千葉 昭 会長も加えて、意見交換を行いました。

 

 石原氏

 講師の石原俊輔氏

 

研修会風景

研修会の様子 

 

平成29年9月定例会が開会

 平成29年9月21日(木)、県議会9月定例会が開会し、総額34億3,600万円の一般会計補正予算案など45議案が知事から提出されました。

 会期は10月11日(水)までの21日間です。代表質問は9月26日(火)、一般質問は9月27日(水)、予算特別委員会は9月29日(金)、10月2日(月)及び10月3日(火)に行われます。どなたでも傍聴できますので、お気軽にお越しください。また、インターネットでも中継していますのでご覧ください。

 ○  9月定例会の概要(議会日程)は こちら

 ○  インターネット中継は こちら

 

 H29.9月定例会開会

 開会日(9月21日)の議場の様子

 

北朝鮮によるミサイル発射等に関する緊急要望活動を実施(北海道・東北六県議会議長会)

 平成29年9月11日(月)、北海道・東北六県議会議長会(会長:鶴田有司 秋田県議会議長)は、政府及び自由民主党に対し、北朝鮮によるミサイル発射及び核実験に関して、厳重に抗議するとともに「国際社会と協調の上、問題解決に向け必要なあらゆる措置を講ずること」、「国民の安全・安心を守るために必要な、あらゆる実効性のある対策を実施すること」を要望しました。

 

 要望書「北朝鮮によるミサイル発射及び核実験に関する緊急要望」(PDF81KB

 

 北海道・東北六県議会議長会要望活動

 菅内閣官房長官(右から3番目)に要望する志田議長(右) 

 

平成29年度北海道・東北六県議会議員研究交流大会に参加

 平成29年8月30日(水)、秋田市内において、平成29年度北海道・東北六県議会議員研究交流大会が開催され、本県議会から議員15名が参加しました。本大会は、各道県議会議員の交流を図り、北海道・東北六県が一層連携を深めることを目的に開催されています。

 当日は、株式会社わらび座 代表取締役社長 山川龍巳氏による「地域力とリージョナルシアターの役割」をテーマとした講演の後、3つの分科会に分かれ、「人口減少対策」、「医療提供体制の確保・充実」、「地域産業の競争力強化」について、活発な議論及び意見交換を行いました。

 

 290830①開会式

 会長(秋田県議会議長)あいさつ

 

290830②第1分科会

第1分科会の様子 

 

平成29年度宮城県議会・山形県議会交流議員連盟の総会等を開催

 平成29年8月10日(木)、仙台市内で宮城県議会・山形県議会交流議員連盟の総会、講演会及び意見交換会を開催しました。

 宮城県議会・山形県議会交流議員連盟は、両県地域の発展と交流拡大を図るために平成18年度に設立されました。

 総会において、会長に中島 宮城県議会議長、副会長に志田 山形県議会議長が選任された後、仙台国際空港株式会社代表取締役社長の岩井卓也氏を講師に招き、「東北の空を世界の空へ~仙台空港と地域との連携~」をテーマとした講演会を行いました。

 その後、「オール東北による国内外からの観光誘客における宮城・山形の役割」、「宮城・山形両県産品の国際販路拡大」、「宮城・山形の連携による農業振興」、「災害等における危機管理」の4つのテーマに分かれ、両県議員間で活発な意見交換を行いました。

 

 講演会

 講演会の様子

 

 意見交換会

 意見交換会の様子

 

「道路整備予算の拡充及び道路整備に係る補助率等の嵩上げ措置の継続を求める意見書」を国土交通省等に提出

 平成29年7月18日(火)、楳津 博士 建設常任委員長、矢吹 栄修 同副委員長が、国土交通省及び財務省を訪問し、国土交通省 石川道路局長、財務省 太田理財局長、同 青木主計局総務課長に意見書を直接手渡しました。
 面談の席で、楳津委員長、矢吹副委員長は、高速道路の供用率が全国や東北各県と比較して低いことなど、本県において道路整備の促進が必要である状況を説明し、道路整備予算の拡充と道路整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律の規定による補助率等の嵩上げ措置の継続を求めました。
 
 意見書は、こちら(PDF 77KB)をご覧ください。
 

290718石川局長

国土交通省石川道路局長(左)に意見書を提出する楳津委員長(中央)、矢吹副委員長(右)

 

   

290718石川局長懇談 

国土交通省石川道路局長(左)に本県の状況を説明する楳津委員長(中央)、矢吹副委員長(右)

 

   

290718太田局長 

財務省太田理財局長(手前左)に本県の状況を説明する楳津委員長(奥左)及び矢吹副委員長(奥右)

 

 

  290718青木課長 

 財務省青木主計局総務課長(手前)に本県の状況を説明する楳津委員長(奥左)及び矢吹副委員長(奥右)

 

府省との意見交換会を開催

 平成29年6月15日(木)、県議会からは議員15名が出席し、東京都内で「府省との意見交換会」を開催しました。議会政策提言や「政府の施策等に対する提案」等の本県の重要問題に関し、国の制度等への反映や新たな施策の方向性を探るなど、課題解決に資することを目的にテーマごとに3つの分科会に分かれ意見交換を行いました。

第1分科会(国土交通)

○ テーマ
   「フル規格新幹線の早期整備実現について」
○ 関係府省からの出席者
   国土交通省 鉄道局 幹線鉄道課 課長補佐 沖本俊太朗 氏 他1名
○ 県議会議員
   伊藤重成 議員(座長)、大内理加 議員(主任)、田澤伸一 議員、木村忠三 議員、渋間佳寿美 議員
   ※ 志田英紀 議長はフリーな立場で各分科会に出席
○ 主な内容
   ・ 今後の全国的な高速鉄道ネットワークの整備のあり方について
   ・ 新幹線の整備実現に向けた地域の取組みの方向性について

 

第1分科会

第1分科会の様子

 

第2分科会(厚生労働)

○ テーマ
   「子育て支援対策の充実について」
○ 関係府省からの出席者
   厚生労働省 雇用均等・児童家庭局 総務課少子化総合対策室 室長補佐 安濟 崇 氏 他1名
○ 県議会議員
   森田 廣 議員(座長)、能登淳一 議員(主任)、楳津博士 議員、柴田正人 議員、青柳安展 議員
   ※ 志田英紀 議長はフリーな立場で各分科会に出席
○ 主な内容
  ・ 子育て世帯の経済的負担軽減の推進について
  ・ 保育士等人材確保の推進について
   

第2分科会 

第2分科会の様子

 

第3分科会(農林水産) 

○ テーマ
   「米政策の見直しに対応した新たな事業展開の促進等について」
○ 関係府省からの出席
   農林水産省 政策統括官付 穀物課 水田農業対策室 課長補佐 吉田 剛 氏 他4名
○ 県議会議員
   阿部昇司 議員(座長)、佐藤 聡 議員(主任)、森谷仙一郎 議員、青木彰榮 議員
   ※ 志田英紀 議長はフリーな立場で各分科会に出席
○ 主な内容
  ・ 地域での需要に応じた米生産の取組みの実効性を確保するための施策について
  ・ 米生産者の所得減少対策について
 
  第3分科会 

 第3分科会の様子

 

平成29年6月定例会が開会

 平成29年6月20日(火)、県議会6月定例会が開会し、総額3億2,900万円の一般会計補正予算案など26議案が知事から提出されました。

  会期は7月7日(金)までの18日間です。代表質問は6月23日(金)、一般質問は6月26日(月)、予算特別委員会は6月28日(水)、6月29日(木)及び6月30日(金)に行われます。どなたでも傍聴できますので、お気軽にお越しください。また、インターネットでも中継していますのでご覧ください。

 ○  6月定例会の概要(議会日程)は こちら

 ○  インターネット中継は こちら

 

2906定例会開会 

       開会日(6月20日)の議場の様子

 

 

山形市立商業高等学校生徒との意見交換会を開催

 平成29年6月8日(木)に山形市立商業高等学校生徒と、「山形県の人口増大に向けて」をテーマに、今年度第2回目の意見交換会を開催しました。
 はじめに、今回参加した産業調査部生徒の皆さんから、人口を増やし経済を活性化させるための「人を増やす」、「人を留める」、「人を集める」の三つを柱とした「人口増大計画」について提案がありました。

 その後の意見交換会では、生徒の提案に対して議員から「働く場所を増やすため、老舗企業のノウハウを活用した起業に着目したのは素晴らしい」、「高校生の目線で地元企業を調査し、その結果を他の高校生に情報発信してはどうか」などの意見が出され、また、生徒の皆さんからは「出産や子育てをした方が職場復帰するときにどんな支援があるのか」、「全体として若年層の投票率が低いため、私が投票しても、若者の意見が政治に反映されないのではないかと心配である」などの質問や意見が出されました。
 

 290608生徒提案

 山形市立商業高等学校生徒さんからの提案の様子

 

 290608意見交換

 意見交換会の様子

 

 290608集合写真

 意見交換会終了後の記念撮影

 

財政基盤強化対策県における税財源確保と社会資本の整備促進を要望

 財政基盤強化対策県議会議長協議会(会長:志田 英紀 山形県議会議長)は、財政力の低い県の県議会の連携により、財源確保、地域格差の是正を図り、地域住民の生活安定及び福祉の向上に努めることを目的に、17県で構成されています。

 平成29年6月6日(火)、東京都内で平成29年度第1回総会等を開催した後、「税財源確保と社会資本の整備促進」について、各県の県議会議長等が分担して要望活動を行いました。

 

 290606要望活動(総務省)

 総務省 冨樫総務大臣政務官(中央右)に要望書を手渡す志田議長(会長)(中央左)

 

 290606要望活動(自由民主党) 

 自由民主党 高村副総裁(中央右)に要望書を手渡す志田議長(会長)(中央左)

 

平成29年度山形県開発推進懇談会において県関係国会議員と意見交換を実施

 平成29年5月28日(日)に開催された「平成29年度山形県開発推進懇談会」において、「平成30年度政府の施策等に対する提案」に関して県関係国会議員と意見交換を行いました。

 

 開発推進懇談会会議の模様

 会議の模様

 

 0528開発推進懇談会議長挨拶

 あいさつする志田議長(山形県開発推進協議会副会長)

 

日本海沿岸東北自動車道・東北中央自動車道の建設促進と羽越・奥羽本線等の高速化促進等の要望

  平成29年5月15日(月)、東京都内で日本海沿岸東北自動車道建設促進青森・秋田・山形・新潟四県議会協議会、東北中央自動車道建設促進秋田・山形・福島三県議会協議会及び羽越・奥羽本線等高速化促進青森・秋田・山形・新潟四県議会協議会(会長:山形県議会議長 志田英紀)の各理事会を開催した後、国土交通省などの関係機関に対し、日本海沿岸東北自動車道・東北中央自動車道の建設促進、羽越・奥羽本線等の高速化促進及び悪天候時の安全運行・安定輸送の確保について、各県の県議会議員が分担して要望活動を行いました。

  なお、国土交通省に対しては、道路整備事業に係る国の財政上の特例措置に関する法律(道路財特法)による嵩上げ措置について、平成30年度以降の継続要望を併せて行いました。

 

◎ 日本海沿岸東北自動車道の建設促進の要望書(PDFファイル形式674KB)

◎ 東北中央自動車道の建設促進の要望書(PDFファイル形式674KB)
◎ 羽越・奥羽本線等の高速化促進の要望書(PDFファイル形式114KB)

 

 290515日沿道要望活動(国交省) 

  国土交通省 大野国土交通大臣政務官(左から4番目)に要望書を手渡す、志田英紀議長(会長) 

 

 290515日沿道等要望活動(JR東日本)

 東日本旅客鉄道株式会社 広報部 遠藤企画課長(左)に要望書を手渡す、星川純一副議長(常任理事) 

  

山形電波工業高等学校生徒との意見交換会を開催

  平成29年5月11日(木)に山形電波工業高等学校生徒と、「若者の政治参加について」をテーマに、今年度第1回目の意見交換会を開催しました。
 意見交換会で、生徒のみなさんからは「どのような経緯で議員になったのか」、「生徒会の活動をしているといろいろな意見や要望を受けるが、議員はどのように意見をまとめ、要望に応えているのか」など、また、議員からは「18歳以上から投票できるようになったことをどのようにとらえているか」などの質問や意見が出されました。

 

 290511意見交換(電波工業高) 

  山形電波工業高等学校生徒との意見交換会の様子 

 

 290511集合写真(電波工業高)

 意見交換会終了後の記念撮影 

 

 これまで開催した意見交換会の詳細はこちら

 

第8回北東アジア地区地方議会議長フォーラムへ参加

 平成29年4月17日(月)から19日(水)までの3日間、秋田市において、第8回北東アジア地区地方議会議長フォーラムが開催され、本県議会から、志田英紀議長、青木彰榮議員、森谷仙一郎議員、金澤忠一議員の4名が参加しました。本フォーラムは、北東アジア各国の地方議会の代表者が集い、文化、観光、経済等の各分野における交流拡大等を図ることを目的に開催されています。
 当日は、「北東アジア地区における文化・観光・経済の交流拡大を目指して」と題して、ロシア、韓国、中国、モンゴル及び本県を含む日本から参加した各議長が発言を行った後、北東アジア地区の共同繁栄のため持続的な協力・友好関係構築に努める旨の覚書に署名しました。

 

 出席者

 

 発言状況

 発言する志田議長

 

 

平成29年度第1回山形県議会広報・広聴委員会を開催

  県議会では、議会の活動状況等を情報発信する広報機能と、県民の皆様のご意見を広く聴き議会活動に反映する広聴機能を充実させるため、「広報・広聴委員会」を設置し、身近な県議会の実現に取り組んでいます。

  平成29年4月14日(金)に、本年度第1回目の広報・広聴委員会が開催され、平成29年度の議会広報・広聴事業を協議し、「広報誌」の発行、「生徒・学生と県議会議員との意見交換会」の実施、「議場演奏会及び議会見学会」の開催などが決定されました。

 

290414広報広聴委員会 

後列左から 佐藤聡委員、能登淳一委員、矢吹栄修委員、渋間佳寿美委員、松田敏男委員、柴田正人委員
前列左から 渡辺ゆり子委員、島津良平委員長、青木彰榮副委員長、小松伸也委員

  

 

過去のトピックス

 平成25年度     平成26年度     平成27年度     平成28年度  

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報