ホーム > 組織で探す > 議会事務局 > 議事調査課(政策調査室) > 定例会・臨時会の概要 > 平成18年9月定例会

平成18年9月定例会


平成18年9月定例会の概要

1 日 程
                                          16日間

月日本会議委員会
時刻委員会名会場
9.21開会、議案上程、知事説明、
厚生文化常任委員会付託
午前10時議運議運委員会室
本会議終了後厚生文化常任委員会第6委員会室
.22休会(議案調査)   
.23休会    
.24
.25休会(議案調査)   
.26厚生文化常任委員長報告、採決
質疑及び一般質問(代表質問)
午前10時議運議運委員会室
.27質疑及び一般質問
議案・請願各常任委員会付託
   
.28休会午前10時総務第1委員会室
文教公安第2委員会室
厚生文化第6委員会室
.29農林水産第5委員会室
商工労働観光第4委員会室
建設第3委員会室
  .30休会   
10 .1
.2休会午前10時景気・雇用対策第1委員会室
行財政改革・
危機管理対策
第3委員会室
少子・高齢化対策第2委員会室
.3各常任委員長報告
予算特別委員会付託
午前10時議運議運委員会室
本会議終了後予算予算委員会室
.4休会午前10時予算予算委員会室
.5休会午前10時予算予算委員会室
.6予算特別委員長報告、採決、
決算上程、説明、
決算特別委員会設置・付託、閉会
午前10時議運議運委員会室

本会議終了後

決算特別委員会

予算委員会室



2 提出議案

  (1) 知事提出議案
議案番号件  名議決年月日議決結果 

議第104

平成18年度山形県一般会計補正予算(第2号) 18.10.6可決(原案のとおり)
議第105号平成18年度山形県土地取得事業特別会計補正予算(第1号) 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第106号平成18年度山形県農業改良資金特別会計補正予算(第1号) 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第107号平成18年度山形県沿岸漁業改善資金特別会計補正予算(第1号)  18.10.6可決(原案のとおり) 
議第108号平成18年度山形県林業改善資金特別会計補正予算(第1号) 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第109号平成18年度山形県流域下水道事業特別会計補正予算(第1号) 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第110号平成18年度山形県港湾整備事業特別会計補正予算(第1号) 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第111号平成18年度山形県電気事業会計補正予算(第1号) 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第112号平成18年度山形県工業用水道事業会計補正予算(第1号) 18.10.6 可決(原案のとおり) 
議第113号平成18年度山形県公営企業資産運用事業会計補正予算(第1号) 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第114号平成18年度山形県水道用水供給事業会計補正予算(第2号) 18.10.6 可決(原案のとおり) 
議第115号平成18年度山形県病院事業会計補正予算(第1号) 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第116号山形県県税条例の一部を改正する条例の制定について 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第117号山形県市町村振興資金特別会計条例の一部を改正する条例の制定について 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第118号山形県国民健康保険調整交付金条例の一部を改正する条例の制定について 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第119号山形県認定こども園の認定の基準に関する条例の設定について 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第120号国営土地改良事業負担金徴収条例の一部を改正する条例の制定について 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第121号学校教育法の一部改正に伴う関係条例の整理に関する条例の設定について 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第122号入院時食事療養費に係る食事療養の費用の額の算定に関する基準の一部改正に伴う関係条例の整理に関する条例の設定について 18.9.26可決(原案のとおり)
議第123号米沢市と東置賜郡高畠町との境界変更について 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第124号漁港事業に要する費用の一部負担について 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第125号国営米沢平野二期土地改良事業に要する費用に係る負担金の一部負担について 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第126号かんがい排水事業等に要する費用の一部負担について 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第127号農村振興総合整備事業等に要する費用の一部負担について 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第128号地域用水環境整備事業等に要する費用の一部負担について 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第129号林道事業に要する費用の一部負担について 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第130号流域下水道の建設事業に要する費用の一部負担について 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第131号県代行下水道事業に要する費用の一部負担について 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第132号港湾事業に要する費用の一部負担について 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第133号急傾斜地崩壊対策事業に要する費用の一部負担について 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第134号飛島漁港防波堤災害復旧工事請負契約の一部変更について 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第135号一般国道112号道路改築事業出羽大橋床版工事請負契約の締結について 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第136号一般国道347号道路改築事業長島橋製作架設工事及び最上川流域下水道事業(村山処理区)尾花沢大石田幹線長島橋下水道管添架工事請負契約の締結について 18.10.6 可決(原案のとおり) 
議第137号一般国道112号道路改築事業出羽大橋架設工事(最上川部桁製作架設工第1工区)請負契約の一部変更について 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第138号最上地区広域連合と山形県との間の公平委員会の事務の委託に関する規約の制定についての専決処分の承認について 18.10.6可決(原案のとおり) 
議第139号山形県教育委員会委員の任命について 18.9.27同意(原案どおり) 
議第140号山形県土地利用審査会委員の任命について 18.9.27同意(原案どおり)
 平成17年度山形県一般会計歳入歳出決算  
 平成17年度山形県公債管理特別会計歳入歳出決算  
 平成17年度山形県市町村振興資金特別会計歳入歳出決算  
 平成17年度山形県母子寡婦福祉資金特別会計歳入歳出決算  
 平成17年度山形県小規模企業者等設備導入資金特別会計歳入歳出決算  
 平成17年度山形県土地取得事業特別会計歳入歳出決算  
 平成17年度山形県農業改良資金特別会計歳入歳出決算  
 平成17年度山形県沿岸漁業改善資金特別会計歳入歳出決算  
 平成17年度山形県林業改善資金特別会計歳入歳出決算  
 平成17年度山形県流域下水道事業特別会計歳入歳出決算  
 平成17年度山形県港湾整備事業特別会計歳入歳出決算  
 平成17年度山形県電気事業会計決算  
 平成17年度山形県工業用水事業会計決算  
 平成17年度山形県公営企業資産運用事業会計決算  
 平成17年度山形県水道用水供給事業会計決算  
 平成17年度山形県駐車場事業会計決算  
 平成17年度山形県病院事業会計決算  
  
  (2) 議員提出議案
 
議案番号件  名議決年月日議決結果 
発議第10号県と市町村、一部事務組合又は広域連合との間の公平委員会の事務の委託に関する規約を制定する専決処分の指定について 18.10.6 可決(原案どおり) 
発議第11号脳脊髄液減少症の研究・治療等の推進を求める意見書 18.10.6  可決(原案どおり) 
発議第12号 言論封じのテロ行為に屈しない決議18.10.6  可決(原案どおり) 
発議第13号 飲酒運転撲滅に関する決議18.10.6  可決(原案どおり) 
発議第14号 防衛庁の「省」への昇格と、災害復旧体制の一元化を求める意見書18.10.6 否決
発議第15号 防衛庁を「省」に昇格することを求める意見書18.10.6 可決(原案どおり) 


3 質問者一覧

(1)一般質問(代表質問)

  9月26日(火)
順番氏名会派名質問項目答弁者
舩山 現人 自由民主党県政運営の自己評価とこれからの県政課題について 知事 
副知事就任後の所感等について副知事 
平成17年度決算と現状を踏まえた今後の財政運営見通しについて 総務部長
環境施策の推進と新たな森林づくりに向けた取組みについて知事
総務部長 
少子化対策の重点化について 文化環境部長 
これからの産業振興策について 商工労働観光部長
農林水産部長 
百年後に誇りに思える教育のあり方について 知事 
伊藤 孜 山形21世紀の会 小泉政権の構造改革に対する評価等について 知事 
今後の県政の進め方等について知事  
三位一体改革に対する評価と今後の取組みについて 知事 
医師不足と地域医療の確保について 知事
健康福祉部長  
人口減少社会への対応について知事
総務部長 

寒河江 政好  自由の会・県政・公明クラブ「事業仕分け」による行財政の効率化について 知事  
子ども優先社会の構築について  知事
健康福祉部長
商工労働観光部長 
がん対策について   健康福祉部長  
食育の推進について  農林水産部長
教育長
  
道路特定財源の見直しへの対応について  知事
土木部長
  
 

 (2)一般質問

  9月27日(水)
順番氏名会派名質問項目答弁者
中川 勝 自由民主党地方分権の更なる推進について 知事 
中小企業の金融対策について 商工労働観光部長 
農業振興について 農林水産部長
障害者の自立支援について 健康福祉部長 
移住・定住の促進について副知事 
少子化対策について 副知事
健康福祉部長 
海鋒 孝志 山形21世紀の会実効ある少子化対策について 知事
介護予防対策について健康福祉部長 
本県農業の推進策について 農林水産部長 
県立病院と市町立病院の関係について 健康福祉部長 
飲酒運転撲滅等交通安全意識の徹底について 警察本部長 
山形の魅力発信について 商工労働観光部長 
坂本 貴美雄 自由民主党自然災害に対する危機管理対策について  危機管理監
土木部長 
高校教育について  教育長 
病院事業分析評価報告書について  知事
病院事業 


 (3)予算特別委員会
月日氏名会派名
10月3日(火) 青柳 信雄 自由民主党 
吉田 明 山形21世紀の会 
10月4日(水)小野 幸作 自由民主党  
村山 隆 自由の会・県政・公明クラブ
金澤 忠一 自由民主党
10月5日(木)佐藤 藤彌自由民主党 
吉泉 秀男 山形21世紀の会 
佐貝 全健 自由民主党

4 請願一覧

  (1) 今定例会に提出された請願
件  名関係委員会審査結果措 置
私学教育の支援について 文教公安 採択 教育委員会送付 
認可外保育施設に対する助成について 厚生文化 採択 知事送付 
山形県老人保健施設整備資金利子補助制度について 厚生文化 採択 知事送付 
社会福祉施設経営指導相談員の配置及び社会福祉施設整備事業に対する利子補助金について 厚生文化 採択 知事送付  
さらなる少子化対策の推進について厚生文化 継続審査  
最上小国川の穴あきダムの建設案の見直しと河道改修を中心とした赤倉温泉地域のまちづくりの検討、実施について 建設 継続審査  

  (2) 先の定例会より継続審査に付されている請願
件  名関係委員会審査結果措 置
治安維持法犠牲者国家賠償法(仮称)の制定に関する意見書の提出について総務継続審査     
保険で安心してかかれる医療を求める意見書の提出について厚生文化撤回   
教職員定数改善のための次期計画を策定するよう求める意見書の提出について文教公安継続審査   
ずさんな米国産牛肉の輸入に抗議し、BSEの万全な対策を求める意見書の提出について総務撤回   
地方財政の充実・強化を求める意見書の提出について総務撤回   


5 意見書・決議・要望書

○脳脊髄液減少症の研究・治療等の推進を求める意見書

 
 脳脊髄液減少症は、交通事故、スポーツ障害、落下事故、暴力などによる頭部や全身への強い衝撃によって脳脊髄液が慢性的に漏れ続け、頭痛、首や背中の痛み、腰痛、目まい、吐き気、視力低下、耳鳴り、思考力低下、うつ症状、睡眠障害、極端な全身倦怠感・疲労感等のさまざまな症状が複合的に発現する病気であり、難治性のいわゆる「むち打ち症」の原因として注目されている。
 しかし、この病気は、これまで原因が特定されない場合が多く、「怠け病」あるいは「精神的なもの」と判断されたため、患者の肉体的・精神的苦痛はもとより、患者の家族等の苦労もはかり知れなかった。
 近年、この病気に対する認識が徐々に広がり、本症の研究に取り組んでいる医師らにより新しい診断法・治療法(ブラッドパッチ療法など)の有用性が報告されている。
 そのような中、医学会においても脳脊髄液減少症に関して本格的な検討を行う機運が生まれつつある。長年苦しんできた患者にとって、このことは大きな光明となっている。
 しかしながら、この病気の一般の認知度は、まだまだ低く患者数など実態も明らかになっていない。また、全国的にもこの診断・治療を行う医療機関が少ないため、患者・家族等は大変な苦労を強いられている。
よって、国においては、以上の現状を踏まえ、下記の措置を講じられるよう強く要望する。

1 交通事故等の外傷による脳脊髄液漏れ患者(脳脊髄液減少症患者)の実態調査を実施するとともに、患者・家族に対す    
 る相談及び支援の体制を確立すること。
2 脳脊髄液減少症についてさらに研究を推進するとともに、診断法ならびにブラッドパッチ療法を含む治療法を早期に確立
 すること。
3 脳脊髄液減少症の治療法の確立後、その新しい治療法に対して早期に保険を適用すること。

 
 
 
 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。

 平成18年10月6日

 提出先:衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、総務大臣、文部科学大臣、厚生労働大臣

                                                        山形県議会議長 今井榮喜


 
○防衛庁を「省」に昇格することを求める意見書

  
 
 
 今日のわが国の安全を取り巻く内外の諸情勢は非常に厳しいものがあり、予断を許さない状況にある。
 国内においては、相次ぐ大規模地震に加え、異常気象や台風等による局地的災害の発生、国際的には米国における同時多発テロをはじめとする国際テロ問題、北朝鮮の核開発・弾道ミサイルの発射など様々な問題に直面している。
 こうした情勢の中、国民の生命・財産を守り、諸外国とともに世界平和に貢献することが国政の重要な課題となっているにもかかわらず、「国の防衛」を担当する防衛庁は内閣府の外局にとどまっている。また、その組織のトップである防衛庁長官は、国民の安全確保や危機管理のための的確かつ迅速に対応できる体制と、法律の制定・人事などに関する十分な権限を有していない。さらに、世界の 主要国で、防衛組織が「省」でないのは日本だけであり、今後重要性を増す自衛隊の国際貢献・平和維持活動への支障が懸念される。ゆえに、自衛隊が「わが国の平和と独立を守り国の安全を保つ」という任務を遂行するためには、現在の防衛庁を「省」に昇格することが必要である。
 また、先の国会において「防衛庁を省に昇格させるための法律案」が継続審議とされたところであるが、国におかれては、同法案を早期に成立されるよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


 平成18年10月6日

 提出先:衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、防衛庁長官、内閣官房長官
                                                       山形県議会議長 今井榮喜



○言論封じのテロに屈しない決議
 

 本年8月15日、我が県選出国会議員加藤紘一氏の実家と事務所が放火により全焼するという事件が発生し、その後の捜査によれば、国会議員の政治的発言に起因するものであることが判明した。
 戦前、政治家に対するテロが続き、全体主義の下、気づいた時には戦争へ突き進むしか道が残されていなかったことが想起される。
 このような脅しや暴力により反対意見を封じようとする卑劣な行為は、人類が多くの犠牲を払って勝ち得た民主主義社会への挑戦であって、断じて許してはならない。
 言論の自由は、民主主義社会の根幹を成すものである。自己に敵対する意見に対しても耳を傾ける寛容さとお互いの意見を尊重しあいながら議論を深めていくことこそが真の民主主義社会である。
 よって、本県議会は、言論の自由を守り、言論封じのテロ行為に決して屈しないことを固く決意する。
 以上、決議する。
 
 平成18年10月6日

                                                        山形県議会

 

○飲酒運転撲滅に関する決議


 
 交通事故のない安全で安心して暮らせる社会の実現は、県民すべての切実な願いである。
しかしながら、関係機関・団体の懸命の努力にもかかわらず、毎年、多くの県民が悲惨な交通事故の犠牲となっている。
 特に飲酒運転については、誰もがその危険性を十分認識しているにもかかわらず、依然として悪質な重大事故が後を絶たない状況である。
 飲酒運転を撲滅するためには、車を運転する者すべてが交通安全に対する意識の向上を図るとともに、家庭や職場、さらには地域が一体となり、「飲酒運転はしない・させない」という共通の強い意志を持って、飲酒運転ゼロを達成するための社会環境を醸成していくことが極めて重要である。
 よって、本県議会は、自ら安全運転に努めることはもとより、県当局に対し関係機関・団体との連携のもと、交通安全思想の普及啓発や取締りの強化など、飲酒運転対策を徹底するよう強く要請するとともに、県民と一丸となって飲酒運転の撲滅と交通事故のない社会の実現に向けて不断の努力を払うことを決意する。
 以上、決議する。
 
 平成18年10月6日
                                                        山形県議会

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ