ホーム > 組織で探す > 会計局 > 会計課 > 県証紙についてのご案内 > 証紙の返還(代金の還付)について

証紙の返還(代金の還付)について

 条例の規定により、県の収入証紙を返還して現金の還付を受けることは原則としてできません。
 ただし、やむを得ないと認められる理由により、購入した県証紙を使用する見込みがなくなったときは、口座振替による還付を行う場合があります。

 注:やむを得ない場合と認められるのは次のような場合等です。

 (例)・必要な要件を満たしていないため、受理されないと判明した。

    ・申請先で誤った額を案内された。

    ・購入した後、県外へ転出することになり、山形県証紙の使用の見込みがない。

  県証紙の代金の還付に関するお問い合わせは、山形県会計局会計課でお受けしています。

 下記までご連絡ください。

 山形県会計局会計課 資金出納担当(電話023-630-2704、2713)

 

◆ 県証紙には使用期限がありませんので、種類によっては、本人やご家族の運転免許証の更新時、パスポート取得時にも使用いただける場合があります。

◆次回の申請や登録手続きの際に使用できますので、保管いただき、活用されることをおすすめします。

【注意】著しく汚損したり、破損した証紙は無効のため、使用できません。

    この場合は、代金の還付もできませんので御了承ください。
 
 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成22年4月28日

関連情報